[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、17日間9試合の激闘… 敗戦も“ナオミ節”「休憩タイムに突入~~~~」

大坂なおみ、17日間9試合の激闘… 敗戦も“ナオミ節”「休憩タイムに突入~~~~」

テニスのマイアミ・オープンは23日(日本時間24日)、女子シングルス2回戦で世界ランク22位・大坂なおみ(日清食品)は同4位のエリーナ・スビトリナ(ウクライナ)に4-6、2-6でストレート負け。ツアー初優勝を飾ったBNPパリバ・オープンから続く連勝は「8」で止まり、ナオミ旋風はいったん収束した。17日間で9試合を戦い、満身創痍の20歳は試合後、「休憩タイムに突入~~~~~」とツイッターに“らしい”言葉で心境をつづり、次なる戦いに備えている。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

連勝は「8」で止まるも…満身創痍でツイート「Time to take a breakkkkkkkk」

 テニスのマイアミ・オープンは23日(日本時間24日)、女子シングルス2回戦で世界ランク22位・大坂なおみ(日清食品)は同4位のエリーナ・スビトリナ(ウクライナ)に4-6、2-6でストレート負け。ツアー初優勝を飾ったBNPパリバ・オープンから続く連勝は「8」で止まり、ナオミ旋風はいったん収束した。17日間で9試合を戦い、満身創痍の20歳は試合後、「休憩タイムに突入~~~~~」とツイッターに“らしい”言葉で心境をつづり、次なる戦いに備えている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 快進撃を続けてきた大坂が、ついに敗れた。格上スビトリナにストレートで完敗。体調不良もあったといい、万全ではなかった影響もあり、連勝は「8」で止まった。しかし、BNPパリバ・オープン初戦(7日)から17日間で2大会にまたがって9試合をこなし、しかも相手は格上ばかりという激闘の日々はあまりに過酷だった。

 試合後、ツイッターを更新。「Time to take a breakkkkkkkk(休憩タイムに突入~~~~~)」とクラッカーの絵文字を3つ並べてつづっている。もちろん、負けた悔しさはあるが、満身創痍だった体を休められる喜びもあるのだろう。なんとも飾らない“ナオミ節”に海外ファンからも労いの声が相次いでいた。

 続けての投稿では「次はクレーシーズン」とつづり、来るべきクレーコートシーズンを待ち望んでいる。今回の快進撃では元世界1位のマリア・シャラポワ(ロシア)を皮切りに現世界1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)、グランドスラム優勝23度のセリーナ・ウィリアムズ(米国)らトップ選手を次々となぎ倒してきた。

 実力とともに天真爛漫なキャラクターも脚光を浴び、一躍、テニス界の注目株となった20歳。つかの間の休息を経て、再び、躍動する。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー