[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 樋口新葉、大逆転の“涙の銀”に海外賛辞「今日のワカバはアンストッパブルな強さ」

樋口新葉、大逆転の“涙の銀”に海外賛辞「今日のワカバはアンストッパブルな強さ」

フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)8位の樋口新葉(日本橋女学館高)が145.01点をマークし、合計210.90点で銀メダルを獲得した。銅メダルの宮原知子(関大)とともにダブル表彰台を果たした17歳の圧巻の演技に対し、海外メディアは「日本にとっては素晴らしい日」「ワカバは止められない強さ」と称賛している。

樋口新葉【写真:Getty Images】
樋口新葉【写真:Getty Images】

世界選手権銀メダル、宮原とダブル表彰台「日本にとって素晴らしい日」

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は23日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)8位の樋口新葉(日本橋女学館高)が145.01点をマークし、合計210.90点で銀メダルを獲得した。銅メダルの宮原知子(関大)とともにダブル表彰台を果たした17歳の圧巻の演技に対し、海外メディアは「日本にとっては素晴らしい日」「ワカバは止められない強さ」と称賛している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 悔しさすべてをぶつけた。樋口は冒頭の3回転サルコーを決めると、勢いに乗った。上位陣にミスが相次ぐなか、ほぼノーミスの演技を披露。滑り終えると感極まった表情を見せた。キスアンドクライで145.01点が表示されると、思わず涙が込み上げた。五輪を逃した17歳が、五輪で活躍したライバルたちを抑え、堂々の銀メダルを獲得した。

 SP8位から圧巻の大逆転劇を海外メディアも評価している。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」は「日本にとっては素晴らしい日を迎えることになった。ザギトワの波乱、コストナーの失速の恩恵を受けた形にはなったが、ヒグチ、ミヤハラがともに表彰台を勝ち取ったのだ」と宮原とともに果たしたダブル表彰台の快挙を紹介している。

 さらに、スポーツジャーナリストのバーバリー・スミス氏が「今日のワカバ・ヒグチはアンストッパブルな強さ」とツイートしていたことも紹介している。来年の出場枠「3」確保にも大きく貢献した樋口。22年北京五輪を目指して再スタートを切り、さらなる飛躍が楽しみになる銀メダルとなった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー