[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

引退説の31歳コストナー、去就は明言せず「バカンスを取って落ち着いてから考える」

フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は23日、女子フリーで地元の大声援を受けたショートプログラム(SP)1位、カロリーナ・コストナー(イタリア)は128.61点で合計208.88点。4位に終わり、4年ぶりの表彰台を逃した。今季限りでの引退説が浮上していた31歳は、去就について「まずはバカンスを取りたい。その後、落ち着いて考えます」と話すにとどめた。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が伝えている。

カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】
カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】

SP1位もフリー失速、地元イタリアで表彰台ならず…注目の“今後”について語る

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)は23日、女子フリーで地元の大声援を受けたショートプログラム(SP)1位、カロリーナ・コストナー(イタリア)は128.61点で合計208.88点。4位に終わり、4年ぶりの表彰台を逃した。今季限りでの引退説が浮上していた31歳は、去就について「まずはバカンスを取りたい。その後、落ち着いて考えます」と話すにとどめた。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 表彰台には届かなかった。コストナーは世界歴代3位となる80.27点の高得点でSP1位と絶好発進を切ったが、フリーはミスが出て128.61点にとどまった。合計208.88点。銅メダルの宮原知子(関大)と1.20点差の4位に終わり、地元の大声援に4年ぶりメダルで応えることはできなかった。

 記事は「力の限りを尽くした――とカロリーナは試合後に話す」とレポート。本人は「力を出し尽くしましたが、表彰台をキープできなかったのは本当に残念です。クリーンな演技へのリズムが作れませんでした」と演技を振り返ったという。

 さらに「4位で終わったことはもちろん嬉しいことではありません」と話した一方で「しかし、2年前は何もなしのゼロ、氷上でもありませんでした。きっとそのまま辞めるという選択もありました。世界選手権という場にまたいること、14回参加できたことは一つのゴールです」とも語ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集