[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、「171分の激闘」に“ケイ・オー”勝ち ファン祝福「さぁ、次の試合だ!」

錦織、「171分の激闘」に“ケイ・オー”勝ち ファン祝福「さぁ、次の試合だ!」

テニスのマイアミ・オープンは23日(日本時間24日)、男子シングルス2回戦で世界ランク33位・錦織圭(日清食品)が同96位のジョン・ミルマン(オーストラリア)を7-6、4-6、6-3で破り、初戦突破。「マスターズ1000」では10か月ぶりの勝利を飾った。試合は実に2時間51分。「171分の激闘」に終止符が打たれた瞬間をATP中継サイト「テニスTV」公式ツイッターは「ケイ・オー」と題し、「KO」とかけて動画で紹介している。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

マイアミOP、2時間51分の死闘で初戦突破…海外メディア「ケイ・オー」

 テニスのマイアミ・オープンは23日(日本時間24日)、男子シングルス2回戦で世界ランク33位・錦織圭(日清食品)が同96位のジョン・ミルマン(オーストラリア)を7-6、4-6、6-3で破り、初戦突破。「マスターズ1000」では10か月ぶりの勝利を飾った。試合は実に2時間51分。「171分の激闘」に終止符が打たれた瞬間をATP中継サイト「テニスTV」公式ツイッターは「ケイ・オー」と題し、「KO」とかけて動画で紹介している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 日本のエースが完全復活へ、大きな1勝を挙げた。第3セット、5-3で迎えた第9ゲームのマッチポイント。試合時間は3時間に迫ろうとしていた。錦織の渾身のフォアハンドに対し、ミルマンが返したバックハンドはわずかにオーバー。ついに熱戦に終止符が打たれた。その瞬間、錦織は右手を強く握りガッツポーズを披露。そのまま顔に滲んだ汗をぬぐった。

 ゆったりとした足取りで握手に向かう錦織。白いキャップを取ると、髪はびっしょりと濡れ、表情もすべてを出し切って紅潮し、ミルマンと握手を交わした。試合時間は2時間51分。そんな熱戦を繰り広げた28歳に対し、マイアミのファンは喝采を注ぎ、錦織も右手を挙げて声援に応えていた。

「171分の決着」シーンを「テニスTV」を「ケイ・オー!」と題し、「KO」とかけて動画付きで紹介。海外ファンからも「よくやった!さぁ、次の試合だ!」と労いとエールが送られていた。錦織は右手首の故障から1月に下部ツアーで復帰し、「マスターズ1000」の勝利は実に10か月ぶり。一歩ずつ、本来の輝きを取り戻している。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー