[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、憧れセリーナの「カモーン」にこだわった理由とは? 米紙が特集

大坂なおみ、憧れセリーナの「カモーン」にこだわった理由とは? 米紙が特集

マイアミ・オープンの女子シングルス1回戦で世界ランク22位の大坂なおみ(日清食品)が元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6-3、6-2のストレートで破った。幼少期からの憧れだったグランドスラム優勝23回のレジェンドとの初対決で見事勝利した大坂だが、米メディアでは勝利後のコート上インタビューで明かした、女王の「カモーン」という雄叫びにこだわった理由を取り上げている。

セリーナ・ウィリアムズ、大坂なおみ【写真:Getty Images】
セリーナ・ウィリアムズ、大坂なおみ【写真:Getty Images】

「カモーンが聞けてハッピーだった」大坂はコート上インタビューでこう答えていた

 マイアミ・オープンの女子シングルス1回戦で世界ランク22位の大坂なおみ(日清食品)が元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6-3、6-2のストレートで破った。幼少期からの憧れだったグランドスラム優勝23回のレジェンドとの初対決で見事勝利した大坂だが、米メディアでは勝利後のコート上インタビューで明かした、女王の「カモーン」という雄叫びにこだわった理由を取り上げている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

「ナオミ・オオサカは自問した。セリーナはどうくるか? そして、彼女は倒した」と特集したのは、米地元紙「ニューヨーク・タイムズ」だった。

 圧倒的な内容で、今大会優勝8回を誇る女王を撃破した大坂。注目の大会初戦ではポーカーフェイスだったが、心の中はドキドキしていたという。

「本当に重要なポイントでサービスゲームを迎えた時、セリーナはどう出てくるのかしら? という感じだった」

 77分の快勝劇で20歳の少女は密かに自問自答を繰り返していた。理由は明白だ。大坂にとってセリーナは特別な存在だった。記事では、こうも語っている。

「私がテニスを始めた最大の理由は彼女なの。自分は彼女をずっとテレビで見ていた。いつも彼女の応援をしていたの」

 生まれは日本だが、米国で育った大坂にとって、セリーナは心のアイドル。セリーナとの初対決に胸が躍った。そしてこの1勝は大きな意味を持っていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー