[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • コストナーはザギトワに勝てるのか? 「わずかな希望は残されている」と母国特集

コストナーはザギトワに勝てるのか? 「わずかな希望は残されている」と母国特集

フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)の女子シングルショートプログラム(SP)では、地元の31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)がパーソナルベストを更新する80.27点で首位に立った。そして平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が79.51点で2位。日本の宮原知子(関大)が74.36点で3位で続いている。23日のフリーで、コストナーが逃げ切るのか、それとも大本命のザギトワが逆転するのか。そして宮原もさらに上位に食い込むかも注目が集まっている。

アリーナ・ザギトワ、カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ、カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】

SP首位発進のコストナーと2位ザギトワの差はわずか0.76点差、逃げ切るにはノーミスが絶対条件

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)の女子シングルショートプログラム(SP)では、地元の31歳カロリーナ・コストナー(イタリア)がパーソナルベストを更新する80.27点で首位に立った。そして平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が79.51点で2位。日本の宮原知子(関大)が74.36点で3位で続いている。23日のフリーで、コストナーが逃げ切るのか、それとも大本命のザギトワが逆転するのか。そして宮原もさらに上位に食い込むかも注目が集まっている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 イタリアのスポーツメディア「OAスポルト」は「類いなる才能を持つザギトワにコストナーが勝つ夢は見れるのか」と見出しをつけて、フリーを展望している。

 SPではコストナーがノーミスの完璧な演技で、パーソナルベストを更新し、さらに史上3人目となるSPでの80点越えを果たした。一方で大本命のザギトワは3回転ルッツ-3回転ループのコンビネーションでややバランスを崩し、79.51点にとどまった。

「カロリーナ・コストナーが素晴らしいショートプログラムを披露し、アリーナ・ザギトワとサトコ・ミヤハラを前に首位にたった。試合前には想像できなかった期待以上のショーが開かれたのであった」

 記事ではこう紹介し、コストナーの演技を称えている。だがコストナーとザギトワの点差はわずかに0.76点差。わずかなミス、加点でひっくり返る差だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー