[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “ショウマ時代”の到来だ! 宇野がスペイン紙でもV候補予想 「僅差で日本人だ」

“ショウマ時代”の到来だ! 宇野がスペイン紙でもV候補予想 「僅差で日本人だ」

フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)が21日に開幕する。平昌五輪金メダルの羽生結弦(ANA)と銅メダルのハビエル・フェルナンデス(スペイン)という両雄が欠場する今大会で、欧州メディアは銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)を優勝候補筆頭に挙げている。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

王者羽生不在の中で優勝候補は宇野、チェン、金の3人、中でも筆頭は宇野

 フィギュアスケートの世界選手権(ミラノ)が21日に開幕する。平昌五輪金メダルの羽生結弦(ANA)と銅メダルのハビエル・フェルナンデス(スペイン)という両雄が欠場する今大会で、欧州メディアは銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)を優勝候補筆頭に挙げている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 スペイン地元紙「マルカ」では世界選手権のプレビューを展開。「優勝候補たち」というテーマで真っ先に登場したのはベビーフェイスのスター「Shoma Uno」だった。

 記事では「ハビエル・フェルナンデスとユヅル・ハニュウが不在で、男子シングルの表彰台は日本のショウマ・ウノ、中国の金博洋、アメリカ人のネイサン・チェンの間で争われることになる」と分析している。

 平昌では宇野は306.24点で羽生に次ぐ堂々の2位。金は297.77点で4位となり、チェンはSPで17位と出遅れたが、フリーで215.08点という最高得点をたたき出し、5位にジャンプアップしていた。

 若き4回転ジャンプのマエストロ3人が表彰台を独占すると予想される中、本命はやはりこの男だ。

「僅差で優勝候補は日本人だ」と特集では宇野の金メダルを予想している。ヘルシンキで行われた前回大会は、今大会を右足首の故障のリハビリのために欠場した羽生に次ぐ、銀メダルだった、

 国際スケート連盟(ISU)公式サイトの特集記事でも、新王者の最有力候補に名が挙がった宇野。平昌五輪でも銀メダルで、20歳のシルバーコレクターがついに戴冠の瞬間を迎えるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー