[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂VSセリーナの1回戦は過酷!? シード改善要望の声「ルールが彼女を助けるべき」

大坂VSセリーナの1回戦は過酷!? シード改善要望の声「ルールが彼女を助けるべき」

女子テニスシングルス世界ランク22位・大坂なおみ(日清食品)は現地時間21日に行われるマイアミ・オープン1回戦で、元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)といきなり激突することが決まった。

セリーナ・ウィリアムズ、大坂なおみ【写真:Getty Images】
セリーナ・ウィリアムズ、大坂なおみ【写真:Getty Images】

元世界1位も休養でランク下降でノーシードのセリーナ、大会責任者はこの状況の改善を求めた

 女子テニスシングルス世界ランク22位・大坂なおみ(日清食品)は現地時間21日に行われるマイアミ・オープン1回戦で、元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)といきなり激突することが決まった。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 BNPパリバ・オープンで自身初タイトルを獲得し、一躍スターダムにのし上がった大坂。対戦する“女王”セリーナへの注目度も再び高まっているが、大会責任者は「ルールが彼女を助けるべき」とし、状況の改善を訴えている。英公共放送BBCが伝えている。

 1回戦でいきなり実現した注目対決。大きな注目を集めているが、BBCもこの対戦をクローズアップ。「セリーナ・ウィリアムズ、マイアミ・オープンの責任者がルール変更の要求について言及」と見出しをつけて特集している。

「ナオミ・オオサカとのビッグマッチを早くも迎えることになったセリーナは初めての出産のため、合計で13か月間、休養していたこともあり、ノーシードの対象となっている」

 記事ではこう伝えている。元世界1位のセリーナだが、出産による休養などを経て現在の世界ランクは491位。大坂も初優勝で22位まで浮上したが、それ以前は44位で共にシードの対象からは外れていた。そのためにこの豪華な1回戦が実現したわけだが、大会責任者で元世界4位のジェームズ・ブレーク氏はこの状況の改善を訴えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー