[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング通のNBA選手、井上尚弥を独自PFP圏外→4傑に昇格 他の3選手の顔ぶれは?

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、12月14日にWBA8位・IBF5位アラン・ディパエン(タイ)との防衛戦(東京・両国国技館)を迎える。ボクシング通で有名な米プロバスケットボール(NBA)トレイルブレイザーズのダミアン・リラード(米国)は、独自のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で井上を4傑に選んだ。1年前はトップ10から外していたが“昇格”させたようだ。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】

トレイルブレイザーズのリラード、1年前は独自PFPに井上の名前なし

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、12月14日にWBA8位・IBF5位アラン・ディパエン(タイ)との防衛戦(東京・両国国技館)を迎える。ボクシング通で有名な米プロバスケットボール(NBA)トレイルブレイザーズのダミアン・リラード(米国)は、独自のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で井上を4傑に選んだ。1年前はトップ10から外していたが“昇格”させたようだ。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 ビッグマッチ観戦のために会場に足を運び、自身のSNSでもボクシング発信していることで有名なリラード。3ポイントシュートの名手は、ファンから「PFPのリストで、あなたはナオヤをどこに位置させますか?」という質問をツイッター上で受け、「バド(クロフォード)、カネロ、フューリー、イノウエ」と自身の考えるトップ4を公表している。

 1位に推したWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォードは、日本時間21日に元WBC&IBF同級王者のショーン・ポーターを10回TKOで下したばかり。2位のカネロことサウル・アルバレスは、同7日にカレブ・プラントに11回TKO勝ちし、スーパーミドル級4団体統一に成功している。

 WBC世界ヘビー級王者のタイソン・フューリーに続き、井上はボクシング界4強とリラードに認められたようだ。昨年10月、リラードは自身のPFP10傑を公開しているが、当時は井上の名前はなし。海外ファンやリング誌のライアン・ソンガリア記者からも物言いが付いたが、「みんなが評価しているからって、オレが絶対に評価しなければいけないわけじゃないだろう。オレのPFPで満足だ」と主張していた。

 今夏の東京五輪で、男子バスケ米代表として金メダルに貢献した名手リラード。1年間でモンスターを評価を改めた様子だ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集