[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

33歳尾川堅一が涙の世界王者! 17年に無効試合「4年前の試合で子供たちにベルトを…」

ボクシングのIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦が27日(日本時間28日)、米ニューヨーク、マディソンスクエアガーデンで行われ、同級3位の尾川堅一(帝拳)が同級2位のアジンガ・フジレ(南アフリカ)に3-0判定勝ちで新王者に輝いた。通算成績は26勝(18KO)1敗1分け1無効試合。

尾川堅一が判定勝ちを収め、初の世界タイトルを獲得した【写真:Getty Images】
尾川堅一が判定勝ちを収め、初の世界タイトルを獲得した【写真:Getty Images】

NYでスーパーフェザー級王座を獲得

 ボクシングのIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦が27日(日本時間28日)、米ニューヨーク、マディソンスクエアガーデンで行われ、同級3位の尾川堅一(帝拳)が同級2位のアジンガ・フジレ(南アフリカ)に3-0判定勝ちで新王者に輝いた。通算成績は26勝(18KO)1敗1分け1無効試合。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 尾川は5回に綺麗な右ストレートをヒットさせ、ダウンを奪うなど終始優位に展開。最終12回でもダメ押しのダウンを2度奪った。判定勝ちがコールされると、右拳を突き上げ、感極まった表情を見せた。

 2017年12月にIBF世界同級王座決定戦でデビン・ファーマー(米国)に判定勝ち。しかし、禁止薬物に陽性反応があったとされ、試合は無効に。1年間の資格停止処分を受けた。4年前の“幻の世界王座獲得”から再び這い上がって来た33歳が、悲願の世界タイトルを獲得した。

 インタビューでは「4年前の試合で子供たちにベルトを……(持ち帰れなかった)。すみません」と涙を浮かべ、声を詰まらせた。「とにかくプレッシャーをかけて相手を下がらせるというイメージ通りにいけた。手数が少なかったのは反省点だけど」と試合を振り返った。

 12回については「トレーナーから倒せと言われていたので狙っていました」と尾川。今後に向け「言われた試合をこなして、米国や全世界で試合をして、日本人が強い、尾川堅一が強いとアピールしたい」と意気込み、最後はカメラに向かって「やったよ!」と自身の子供にアピールした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集