[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、完敗の女王ハレプも脱帽「彼女の方が良かった」「勝つ準備できていた」

大坂なおみ、完敗の女王ハレプも脱帽「彼女の方が良かった」「勝つ準備できていた」

テニスのBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)は16日(日本時間17日)、女子シングルス準決勝で世界ランク44位・大坂なおみ(日清食品)が同1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)に対し、6-3、6-0でわずか64分のストレート勝ち。4大大会に次ぎ、女子テニス界で2番目に高い格付けの「プレミア・マンダトリー」で日本人初の決勝進出を達成した。敗れた女王ハレプは「彼女の方が良かった」「勝利する段取りもできていた」と脱帽している。

シモナ・ハレプ、大坂なおみ【写真:Getty Images】
シモナ・ハレプ、大坂なおみ【写真:Getty Images】

わずか64分で敗戦…世界1位も賛辞「彼女はより準備ができていた」

 テニスのBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)は16日(日本時間17日)、女子シングルス準決勝で世界ランク44位・大坂なおみ(日清食品)が同1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)に対し、6-3、6-0でわずか64分のストレート勝ち。4大大会に次ぎ、女子テニス界で2番目に高い格付けの「プレミア・マンダトリー」で日本人初の決勝進出を達成した。敗れた女王ハレプは「彼女の方が良かった」「勝利する段取りもできていた」と脱帽している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 現役世界女王ですら、為す術がなかった。それほど、大坂の強さが際立っていた。ハレプは第1セットを3-6で落とすと、第2セットも第1ゲームからいきなりブレークを許した。すると、勢いを取り戻せないまま、日本の20歳に攻め込まれた。1ゲームも取れずに0-6。わずか64分のストレートで完敗を喫した。

 4強で姿を消した女王は試合後、敗戦を振り返った。女子テニス協会のWTAインサイダー公式ツイッターによれば、ハレプは「全く手応えがなかった。今日はもう試合の外にいたわ。4-3まではなんとかプレーできたけど、その後はもう切れてしまったわ。なぜだかわからないけれど、集中力を失ったの」と語ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー