[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、井上尚弥を迎え撃ったのか マクドネルの“決断”を変えた「ある日」の出来事

モンスター井上撃破に意欲「一流の試合。勝てば自分も認知されることになる」

 戦前の下馬評では井上が圧倒的有利とされている。マクドネルのプロモーター、エディ・ハーン氏は「敵地で勝ち目がないだろう」と認めるほどで、大手ブックメーカー「betfair社」も自国の正規王者に対し、勝利のオッズを「5.0」とする一方で、井上に対しては「1.14」をつけ、井上を本命視している。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 しかし、マクドネルはビッグネームを倒すことに燃えている。記事によると、井上戦に向けて闘志をたぎらせている。

「これは一流の試合だ。この戦いでの勝利は、未来に待ち受ける壮大な試合へと導いてくれることになるだろう。人々がこれを知れば、自分も認知されることになる。バンタム級に残ろうが、昇級しようが、扉を開けてくれるだろう」

 ハーン氏も「過小評価されている」と表現する技巧派のマクドネル。世界で注目される実力者のモンスターを倒すことができれば、今後の統一戦、ビッグマッチへの道が開かれると期待している。

 178センチという長身で減量は苦しい。それでも「自分は過去の試合で、まだ減量できると証明している。それは問題になるとは思わない。日本に行き、この少年を倒すことで、これが正しい決定だったと証明するつもりだ」と語ったという。

 日本のボクシングファンにとっては、WBCバンタム級世界前王者ルイス・ネリ(メキシコ)の重量超過が記憶に新しいが、マクドネルは英国紳士らしく、正々堂々とモンスターと向かい合うつもりのようだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集