[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山、水中からワニも拍手? “片足池ショット”に米喝采「なんてプレーなんだ」

米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待(ベイヒルクラブ&ロッジ)2日目は16日(日本時間17日)、復帰戦の松山英樹(レクサス)は4バーディー、4ボギーの「72」で回り、通算2アンダーの31位タイ。決勝ラウンド進出を決めた。11番では池のふちに打ち込み、“片足水中ショット”を披露。華麗なリカバリーショットの瞬間をPGAツアー公式ツイッターが動画付きで公開し、米ファンから「ワニも水中から拍手を送っているさ」と喝采が沸き起こっている。

松山英樹【写真:Getty Images】
松山英樹【写真:Getty Images】

池のふちからシューズと靴下を脱ぎ捨て…ファン賛辞「ワニも水中から拍手」

 米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待(ベイヒルクラブ&ロッジ)2日目は16日(日本時間17日)、復帰戦の松山英樹(レクサス)は4バーディー、4ボギーの「72」で回り、通算2アンダーの31位タイ。決勝ラウンド進出を決めた。11番では池のふちに打ち込み、“片足水中ショット”を披露。華麗なリカバリーショットの瞬間をPGAツアー公式ツイッターが動画付きで公開し、米ファンから「ワニも水中から拍手を送っているさ」と喝采が沸き起こっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 松山にとっては、左足が池に浸かっていても関係なかった。11番パー4。ティーショットを左の池のふちに打ち込んでしまった。急な傾斜で、水面まで20センチというところで止まったが、難しい2打目を強いられた。すると、松山は左足のシューズと靴下を脱ぎ、パンツの裾をまくり上げて、そのまま水中に足を入れた。

 そして、クラブを短く持ってコンパクトにスイング。きっちりとボールに当て、フェアウェイに綺麗に打ち出してみせた。ギャラリーから拍手が沸き起こると、松山はすぐさまコースに腰を下ろし、濡れてしまった裸足の左足を拭いて次なる1打に備えていたのだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集