[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 成田緑夢、“夢の金メダル”に海外絶賛「衝撃のパフォーマンス」「あっぱれだ!」

成田緑夢、“夢の金メダル”に海外絶賛「衝撃のパフォーマンス」「あっぱれだ!」

平昌パラリンピックは16日、男子バンクドスラローム下肢障害で成田緑夢(近畿医療専門学校)が金メダルを獲得した。ラストの3回目でベストタイムを叩き出した圧巻の滑りを、世界パラスノーボード連盟は「衝撃のパフォーマンス」と称賛。海外実況も「信じがたいことをやってのけた、あっぱれだ!」と大興奮で伝えている。

成田緑夢【写真:Getty Images】
成田緑夢【写真:Getty Images】

バンクドスラローム下肢障害、3本目でベストタイムマーク

 平昌パラリンピックは16日、男子バンクドスラローム下肢障害で成田緑夢(近畿医療専門学校)が金メダルを獲得した。ラストの3回目でベストタイムを叩き出した圧巻の滑りを、世界パラスノーボード連盟は「衝撃のパフォーマンス」と称賛。海外実況も「信じがたいことをやってのけた、あっぱれだ!」と大興奮で伝えている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 圧巻だった。1回目で50秒17、2回目で49秒61とタイムを上げ、迎えた成田の3回目。完璧な滑りで48秒68を叩き出し、金メダルを掴み取った。世界パラスノーボード連盟のツイッターはゴールシーンを動画付きで紹介し、「なんてランなんだ!!金メダルを確定させた日本のグリム・ナリタから衝撃のパフォーマンス!」と称賛した。

 映像では、海外実況も「ワオ!なんて滑りなんだ!信じがたいことをやってのけた、本当に、なんて滑りだ!!日本のナリタがトップに君臨だ!なんてこった、あっぱれだ!!」と大興奮で伝え、客席では兄の童夢が日の丸を振って絶叫していた。

 13年春にトランポリンの練習中、左膝下が麻痺する障害を負った。天才的な運動センスを誇っていた逸材は、幾多の苦難を乗り越え、パラリンピックの檜舞台に辿り着いた。スノーボードクロス銅メダルに続く、今大会2つ目で手にした一番輝く色のメダル。平昌の地で、最高の“グリムスマイル”が咲いた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー