[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

逆転賞金女王狙う古江彩佳、耐えて単独首位キープ 静かに闘志「私は凄く負けず嫌い」

女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC、6543ヤード、パー72)は26日、第2ラウンド(R)が行われた。逆転での賞金女王を狙う賞金ランク2位・古江彩佳(富士通)が、3バーディー、4ボギーの73で回り、7アンダーで単独首位をキープした。前半はショット、パットがかみ合わずに3ボギーで39。前日の前半にマークした「29」から10打落として一時は2位後退するも、後半は底力を見せつけた。

第2ラウンドを終えて7アンダーで単独首位をキープした古江彩佳【写真:Getty Images】
第2ラウンドを終えて7アンダーで単独首位をキープした古江彩佳【写真:Getty Images】

今季最終戦、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ第2R

 女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC、6543ヤード、パー72)は26日、第2ラウンド(R)が行われた。逆転での賞金女王を狙う賞金ランク2位・古江彩佳(富士通)が、3バーディー、4ボギーの73で回り、7アンダーで単独首位をキープした。前半はショット、パットがかみ合わずに3ボギーで39。前日の前半にマークした「29」から10打落として一時は2位後退するも、後半は底力を見せつけた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 最終18番パー4。残り136ヤードから、古江が9番アイアンで放った第2打が、ピン50センチについた。大半の選手が苦労するホールで奪った完璧なバーディー。苦労しながらも、最後に「単独首位」に返り咲いた。古江が追いかける賞金ランク1位の稲見萌寧は、25位から出て通算2オーバーの23位。逆転の可能性を広げた。

「あれは今日のベストショットでした。前半は流れが悪くて、しんどかったですが、後半はアンダーで回れましたし、最後に(ナイスショットが)出て良かったです」

 大会コース新記録の「64」をマークした前日とは打って変わり、前半の古江はミスを重ねた。3番パー4では3パット。5番パー3ではアプローチを寄せきれず、パーパットも決められなかった。いつもなら、リーダーズボードで順位を確認するが「その余裕はまったくありませんでした」と振り返った。

 だが、10番パー4のティーグラウンドに立って自分に言い聞かせた。「前半のことは忘れよう」。深呼吸して頭の中を整理し、放った第1打はフェアウェー中央をとらえた。そして、第2打をピン下2メートルにつけて初バーディー。これで悪い流れを食い止めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集