[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 13歳トルソワ、「全てのジャンプを愛してる」という天才が語った“究極の目標”とは

13歳トルソワ、「全てのジャンプを愛してる」という天才が語った“究極の目標”とは

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)で女子初の2種類の4回転ジャンプを成功させ、衝撃を与えたアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)。13歳にして果たした快挙を受け、世界の注目を浴びているが、今後については男子を通じ、現在の世界最高難度の4回転ルッツ習得に意欲を示し、「男子選手と競うことに興味がある」とも語ったという。ロシアスケート連盟公式サイトが報じている。

アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

史上初の4回転2発の天才少女が語った野望…「男子選手と競うことに興味がある」との発言も

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)で女子初の2種類の4回転ジャンプを成功させ、衝撃を与えたアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)。13歳にして果たした快挙を受け、世界の注目を浴びているが、今後については男子を通じ、現在の世界最高難度の4回転ルッツ習得に意欲を示し、「男子選手と競うことに興味がある」とも語ったという。ロシアスケート連盟公式サイトが報じている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 2004年生まれの13歳が世界に衝撃を与えた。トルソワは冒頭の4回転サルコーに成功。国際スケート連盟公認大会で、女子では安藤美姫以来となる4回転を成功させると、女子史上初の4回転トーループも着氷。同じプログラムで史上初の2種類の4回転ジャンプを決めた。得点はシニアを通じ、世界歴代5位にあたる合計225.52点。異次元の強さを発揮してみせた。

 記事によれば、試合後の会見でトルソワは「ジュニア世界選手権を制しただけではなく、2度の4回転ジャンプを成功させることができて本当に嬉しい。私はずっと準備してきたし、その通りにできた」と喜んだという。ただ、本人に満足感はないようだ。

「他のジャンプを跳べるようになりたい?」と聞かれたトルソワは「それは、もちろん」と答えた上で、まずはまだ習得できていない3回転アクセル、さらに「長い時間をかけて、4回転ルッツにトライしていきたい」と意欲を示したという。

 4回転ルッツといえば、男子でも羽生結弦(ANA)、ネイサン・チェン(米国)らひと握りのトップスケーターしか跳べない、現在の世界最高難度のジャンプ。そんな“究極の目標”を掲げ、さらなる成長を目指すようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー