[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 高木美帆、圧倒Vにオランダ人コーチも手放しで賛辞「私の緊張も無駄だった」

高木美帆、圧倒Vにオランダ人コーチも手放しで賛辞「私の緊張も無駄だった」

スピードスケートの世界選手権(アムステルダム)第2日は10日、2種目が行われ、平昌五輪で金、銀、銅メダルを獲得した高木美帆(日体大助手)が4種目合計166.905点で、男女を通じ、日本勢初の総合優勝を果たした。五輪金メダル5つを獲得している女王イレイン・ブスト(オランダ)を破って達成した快挙に対し、オランダ人コーチのヨハン・デビット氏は「私の緊張も無駄だった」と教え子の高木を手放しで称えている。オランダメディアが伝えている。

高木美帆【写真:Getty Images】
高木美帆【写真:Getty Images】

日本勢初の総合優勝、ハラハラだったデビット氏「もっと落ち着いて見られた」

 スピードスケートの世界選手権(アムステルダム)第2日は10日、2種目が行われ、平昌五輪で金、銀、銅メダルを獲得した高木美帆(日体大助手)が4種目合計166.905点で、男女を通じ、日本勢初の総合優勝を果たした。五輪金メダル5つを獲得している女王イレイン・ブスト(オランダ)を破って達成した快挙に対し、オランダ人コーチのヨハン・デビット氏は「私の緊張も無駄だった」と教え子の高木を手放しで称えている。オランダメディアが伝えている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 恩師の母国で、高木が歴史的快挙を成し遂げた。500、1500、3000、5000メートルの4種目で争う今大会。総合首位で後半2種目を迎えると、最初の1500メートルは1分58秒82で1位。最終種目の5000メートルは4位と奮闘し、総合優勝を射止めた。2位は過去6度優勝のブスト。スケート大国の英雄を抑え、アムステルダムの地で日本人が輝いた。

 歓喜したのは、日本を指導するデビッド氏だ。レース後、地元テレビ局「NOS」のインタビューに応じ、「本当に嬉しい。特に、ここでワールドチャンピオンになれることは最高だ」と自身の母国で教え子が世界女王になったことを喜んだ。前回は3種目を終えて首位に立っていながら、最後の5000メートルで逆転され、優勝を逃していた。

「最後まで緊張した。特に、この気候では何が起こってもおかしくない。だから、最後の最後まで緊張していた。最終的にはかなりの差をつけて勝ったんじゃないかな。だから私の緊張も無駄だったけど、もっと落ち着いて見ることもできていたんだなと」

 このように笑みを交えながら振り返った。見守ったデビット氏にとってはハラハラの展開だったようだが、高木は堂々たる滑りで7度目の優勝を目指したブストら、並みいる強敵を抑えてみせた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー