[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

驚異の13歳トルソワ、フリーでは2度の4回転挑戦を明言…世界ジュニア

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)は9日、女子シングルショートプログラム(SP)を行い、昨年のジュニアグランプリ(GP)ファイナルの覇者で13歳のアレクサンドラ・トルソワはノーミスの演技で72.03点をマークし首位発進。14歳のアリョーナ・コストルナヤが71.63点で2位につけた。米スケート専門メディア「icenetwork」もロシア勢の盤石の強さを速報している。

アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

13歳のトルソワが首位発進、2位に14歳のコストルナヤ… ロシア勢が盤石の強さ

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)は9日、女子シングルショートプログラム(SP)を行い、昨年のジュニアグランプリ(GP)ファイナルの覇者で13歳のアレクサンドラ・トルソワはノーミスの演技で72.03点をマークし首位発進。14歳のアリョーナ・コストルナヤが71.63点で2位につけた。米スケート専門メディア「icenetwork」もロシア勢の盤石の強さを速報している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 13歳にして圧巻の演技を披露したトルソワ。3回転フリップ-3回転ループのコンビネーションに、3回転ルッツ、ダブルアクセルとジャンプをすべて成功させた。僅差の2位につけるコストルナヤと共に、平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワと同じトゥトベリーゼ門下生が3位以下に大きな差をつけた。

 米専門メディア「icenetwork」は「ブルガリアでのフィギュアスケート世界ジュニア選手権で、ロシアのアレクサンドラ・トルソワが、僅差でチームメイトのアリョーナ・コストルナヤを上回った」と見出しをつけて速報。2人の競技後のコメントも伝えている。

「パフォーマンスには満足していますが、ステップやスピンを向上させたり、全てのジャンプを確実にするなど、まだ伸びる余地はあります。フリーでは2度の4回転(サルコウとトーループ)があるので、しっかり着地を決めてミスなく滑りたいです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集