[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 驚異の13歳、トルソワが首位発進 山下真瑚が3位… 世界ジュニア女子SP結果

驚異の13歳、トルソワが首位発進 山下真瑚が3位… 世界ジュニア女子SP結果

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)は9日、女子シングルショートプログラムを行い、昨年のジュニアグランプリ(GP)ファイナルの覇者で13歳のアレクサンドラ・トルソワはノーミスの演技で72.03点をマークし首位発進。14歳のアリョーナ・コストルナヤが71.63点で2位につけた。

アレキサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
アレキサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

ロシア勢が1、2位発進 日本の山下は3位からフリーでの逆転を狙う

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(ブルガリア)は9日、女子シングルショートプログラムを行い、昨年のジュニアグランプリ(GP)ファイナルの覇者で13歳のアレクサンドラ・トルソワはノーミスの演技で72.03点をマークし首位発進。14歳のアリョーナ・コストルナヤが71.63点で2位につけた。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 日本勢は山下真瑚(グランプリ東海クラブ)が自己ベストを更新する66.79点で3位。紀平梨花(関大KFSC)はジャンプでの転倒が響き、63.74点で4位だった。横井ゆは菜(中京大中京高)も自己ベストを大幅に更新する59.81点で8位。日本勢は全員が10日(日本時間11日)のフリーに進む。

 2冠を狙うトルソワは13歳とは思えない圧巻のスケーティングだった。3回転フリップ-3回転ループのコンビネーションに、3回転ルッツ、ダブルアクセルとジャンプをすべて成功させた。僅差の2位につけるコストルナヤと共に、平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワと同じトゥトベリーゼ門下生が3位以下に大きな差をつけた。

 ジュニアにとっての登竜門的な今大会。昨年はザギトワ(ロシア)が優勝。2016年は本田真凛(関大高)が制したが、15年は平昌五輪銀のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が優勝するなど、過去10年でロシア勢が7勝と、圧倒的な強さを見せている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー