[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、全身「誰にも染まらない白」統一で首位浮上「やべーミスもほぼなく安定」

首位で迎える最終R「欲をかかずにやっていきたい」

 プレーの充実で、言葉はいつも以上に滑らかだ。第1Rで着た上下黒のウェアから一転、キャップからシューズまで全身「白」に統一したことを問われると、「『誰にも染まりませんよ』という白です」。今大会中のリラックス法は「移動中に車の中でポケモンGOをやっています。今、ハロウィンのバージョンなんです」と語り、会見場をほのぼのとさせた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 もっとも、最終Rを首位で迎える緊張感はある。国内ツアーでは、初優勝を飾った19年5月の「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」以来で、その際もペ・ソンウと並んでいた。海外ツアーでは、昨年12月の全米女子オープン(最終成績4位)でも経験している。

「緊張すると思います。気にしたくないですが、気にせざるを得ないですし、1打1打、必死にやるしかないと思います。ただ、全米女子オープンの時は今とは比にならない緊張でした。あの時と比べれば落ち着いてできると思いますし、欲をかかずにやっていきたいです」

 その上で、避けていた「ホールインワン」についても、「明日はいいんじゃないですか。ありがたいことに予選も通過したので」と解禁宣言。2日間を振り返って、「やべーミスもほぼほぼなくて、安定しています」と胸を張った。国内ツアー通算6勝目へ。渋野が技術と「ゴルフ脳」をフル回転して頂点を目指す。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集