[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロをドネアが手助け 同じ興行会社に移籍と海外報道「ギボンズと対立している」

ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は、12月11日に同級1位ポール・バトラー(英国)との指名試合を行うと報じられている。米メディアによると、カシメロは興行会社「MPプロモーションズ」から「プロべラム」に移籍。「プロベラム」に所属するWBC同級王者のノニト・ドネア(フィリピン)が、カシメロを加えるよう代表に勧めたと伝えられている。

ノニト・ドネア(右)とジョンリエル・カシメロ(撮影は2021年6月)【写真:Getty Images】
ノニト・ドネア(右)とジョンリエル・カシメロ(撮影は2021年6月)【写真:Getty Images】

米メディア「新しいプロモーターを見つける為のサポートをした」

 ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は、12月11日に同級1位ポール・バトラー(英国)との指名試合を行うと報じられている。米メディアによると、カシメロは興行会社「MPプロモーションズ」から「プロべラム」に移籍。「プロベラム」に所属するWBC同級王者のノニト・ドネア(フィリピン)が、カシメロを加えるよう代表に勧めたと伝えられている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ドネアがカシメロのプロベラムとの契約をサポート。カシメロ対バトラーは12月11日に実現か」との見出しで記事を掲載している。

 ドネアとカシメロは8月に対戦予定だったが、カシメロがドーピング検査拒否を示唆したことを引き金に、ドネアが試合をキャンセルしていた。記事では「ドネアはカシメロの謝罪を受け入れたわけではない」としているものの、「ドネアは同じフィリピン人(カシメロ)が新しいプロモーターを見つける為のサポートをしたようだ」と伝えている。

 プロべラムはカシメロ―バトラー戦を10万5000ドル(約1170万円)で入札し、開催権を獲得していた。格安報酬が母国でも注目されていたが、記事ではこの度、ドネアがプロべラムの代表を務めるリチャード・シェーファー氏に「カシメロの名前を加えるように勧めた」と記されている。

 今回の記事では「カシメロの弟でトレーナーであるジェイソン・カシメロがMPプロモーションを離脱し、プロベラムに移籍したことを認めた」とも伝えられている。フィリピンのテレビ局の「ABS-CBN」は今月12日の記事で、「MPプロモーションズ」のプロモーター、ショーン・ギボンズ氏との関係について「カシメロはギボンズと対立していると言われている」と伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集