[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子「まだまだ長い人生の途中」 富士山そびえる絶景ショット&復活Vの思い投稿

女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの優勝を遂げた。大会を終えた渋野は自身のインスタグラムを更新。雄大な富士山を背景にした写真を公開するとともに「たくさんの応援ありがとうございます」「まだまだ長い人生の途中 ちょっとずつちょっとずつ、進んでまいります」などと記した。

笑顔で優勝インタビューを受ける渋野日向子【写真:Getty Images】
笑顔で優勝インタビューを受ける渋野日向子【写真:Getty Images】

スタンレーレディスで1年11か月ぶりの優勝、SNSに抱負記す

 女子ゴルフの国内ツアー・スタンレーレディス最終ラウンド(R)は10日、静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)で行われ、2打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)が約1年11か月ぶりの優勝を遂げた。大会を終えた渋野は自身のインスタグラムを更新。雄大な富士山を背景にした写真を公開するとともに「たくさんの応援ありがとうございます」「まだまだ長い人生の途中 ちょっとずつちょっとずつ、進んでまいります」などと記した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本の象徴も望める場所で掴んだ、久々の栄冠だった。晴天の下、青々とした芝が広がるコースに立った渋野。クラブを手に、足を交差させた姿を後方から撮影しているが、視線の遥か彼方にそびえ立つのは富士山だ。頂上は雲より高く、青い空と相まって美しい。

 渋野は実際の写真をインスタグラムに公開。文面には「ここまでの5試合 たくさんの応援ありがとうございます」「久しぶりの優勝はやっぱり嬉しいものです まだまだ長い人生の途中 ちょっとずつちょっとずつ、進んでまいります」などと感謝と抱負を記した。

 この大会で渋野は明秀学園日立高3年の佐藤心結(みゆ)、木村彩子、ペ・ソンウと通算10アンダーで並び、プレーオフを制して久々の復活V。優勝が決まった際には感極まり、涙を流した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集