[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロ、次戦報酬は1170万円を分配 “格安”に母国紙皮肉「最近では圧倒的に安い」

ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)のファイトマネーに母国メディアから指摘が入った。12月11日に同級1位ポール・バトラー(英国)との指名試合を行うと海外メディアで報じられている王者。入札額の低さから、フィリピン地元紙は「格下げ」と伝えている。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

「12.11」指名試合の見通し、カシメロの報酬に母国紙も注目

 ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)のファイトマネーに母国メディアから指摘が入った。12月11日に同級1位ポール・バトラー(英国)との指名試合を行うと海外メディアで報じられている王者。入札額の低さから、フィリピン地元紙は「格下げ」と伝えている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 フィリピン地元紙「ラプラー」は「カシメロはバトラーとのタイトルマッチでペイカットを受ける」の見出しで記事を掲載。「ナオヤ・イノウエかノニト・ドネアとの統一戦を依然として切望しているオルモク市出身のパワーパンチャー、ジョンリエル・カシメロにとってはこの試合は格下げだ」とつづっている。

 WBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)やWBC王者ドネア(フィリピン)を再三挑発していたカシメロ。次戦について、記事ではドバイかリバプールで開催予定と説明されている。プロモーターのリチャード・シェーファー氏は入札で開催権を勝ち取ったが、金額は「10万5000ドル(約1170万円)だった」という。

 1170万円をカシメロとバトラーで分配することになる。記事では、タイトルマッチの格安ぶりに「過去数試合でカシメロが受け取った額より圧倒的に安い」と注目。8月の前WBA正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)とのタイトルマッチと比較して、かなりの減額となったという。さらに「対戦相手のクオリティーもダウングレードだ」と皮肉交じりに指摘。現在、カシメロはフィリピンでバケーション中とのことだ。

 井上は直近2試合を米ラスベガスで開催。ファイトマネーは軽量級では破格の1億円と報じられていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集