[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メジャー初V王手の勝みなみ「本当に勝ちたい!」 あわや池ポチャで「ラッキー」も味方

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン第3ラウンド(R)が3日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われた。2位スタートの勝みなみ(明治安田生命)は、1イーグル、2バーディー、2ボギーの69で通算9アンダー。単独首位に立ち、悲願のメジャー大会初優勝に王手をかけた。2位には1打差の通算8アンダーで西郷真央、3位には2打差の通算7アンダーで西村優菜がつけている。

通算9アンダーで単独首位に立った勝みなみ【写真:Getty Images】
通算9アンダーで単独首位に立った勝みなみ【写真:Getty Images】

日本女子オープン第3R

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン第3ラウンド(R)が3日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われた。2位スタートの勝みなみ(明治安田生命)は、1イーグル、2バーディー、2ボギーの69で通算9アンダー。単独首位に立ち、悲願のメジャー大会初優勝に王手をかけた。2位には1打差の通算8アンダーで西郷真央、3位には2打差の通算7アンダーで西村優菜がつけている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 勝が2度のチップインを生かし、単独首位に立った。5番パー5では残り9ヤードからフワリと上げて、ジャストタッチのイーグル。18番パー4では残り15ヤードから「強めに低く」打ち出し、ピンにぶつけてバーディーを奪った。

「使ったクラブはどちらも58度でした。5番は上げるか転がすかで迷いましたが、上げるアプローチが練習でいい感じだったので上げました。あれは外れてもピンそばでしたね。18番は最後なので狙いにいきました。強かったですが、オーバーしても奥の傾斜でボールが戻ってくることも計算していました」

 今季はトレーニングの成果で飛距離アップが注目されていたが、この日は小技の進化も披露。さらに自身で「メンタルの成長」も口にした。

「いろんな成長を感じたラウンドでした。以前は無理矢理にバーディーを狙うゴルフもしていましたが、今日はボギーになっても耐えて、バーディーが来るチャンスを待つことができました」

 その流れの中で、490ヤードの17番パー4では「運」にも恵まれた。ピンまで残り213ヤードから、5番ウッドで放った第2打はグリーン右手前に池へと向かった。しかし、ボールは水面を跳ねてグリーン右横のラフで止まった。

「打った瞬間、『あれ、池か~』と悲しくなりましたが、水を切って外に出たので『ラッキー』と思いました」

 心技体で成長し「運」にも恵まれている23歳。高校時代から上位に入り、悔しい思いもしてきた今大会については、他の選手と同様に「特別」と位置付けている。勝てば、「いつでも使える」3年シードも手にできる。それだけに、思いを問われると「本当に勝ちたいです。ピンの位置にもよりますが、伸ばしあいになっても頑張りたいです」と言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集