[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “美人過ぎる旗手”エストニアのサスキア・アルサルが決勝進出! …女子マススタート

“美人過ぎる旗手”エストニアのサスキア・アルサルが決勝進出! …女子マススタート

平昌五輪は24日、新種目のスピードスケート女子マススタートが行われ、開会式で“美人過ぎる旗手”として話題を集めたサスキア・アルサル(エストニア)が準決勝2組目に登場。12人中7位で決勝進出を決めた。

混戦となったスケート女子マススタート準決勝2組目【写真:Getty Images】
混戦となったスケート女子マススタート準決勝2組目【写真:Getty Images】

開会式で“美人過ぎる旗手”として話題を集めたアルサル、決勝進出決定

 平昌五輪は24日、新種目のスピードスケート女子マススタートが行われ、開会式で“美人過ぎる旗手”として話題を集めたサスキア・アルサル(エストニア)が準決勝2組目に登場。12人中7位で決勝進出を決めた。日本の高木菜那(日本電産サンキョー)は決勝に駒を進めたが、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は転倒に巻き込まれ、リタイア。決勝進出はならなかった。16選手による決勝は午後9時30分にスタートする。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 マススタートは今大会からの新種目。1周400メートルのトラックを16周し、計6400メートルで勝負が決する。1周目は加速が禁止で、2週目から本格的にレースがスタート。順位は得点によって決定。4周通過ごとに上位3選手に得点(1位5点、2位3点、3位1点)が与えられ、ゴール順位の得点(1位60点、2位40点、3位20点)と合算して最終順位が決まる。

 前に選手を置くなど、いかに体力を温存するか、スパートのタイミングなど、駆け引きが重要視される新種目。準決勝は1度に12選手が順位を競い、上位8選手が決勝に進出。アルサルは8周目を2位通過し、3点を獲得。決勝進出を確定させた。

 アルサルは9日に行われた開会式で旗手を務め、白いコートに白のニット帽姿で闊歩。テレビ画面に映ったのは十数秒だったが、日本では「激美人」「雪の女王感すごい」などとツイッター上で話題を呼び、海外ファン、メディアに特集されるなど、一躍、時の人になっていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー