[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “美人過ぎる旗手”エストニアのアルサルが4位入賞 高木菜那が金!…女子マススタート

“美人過ぎる旗手”エストニアのアルサルが4位入賞 高木菜那が金!…女子マススタート

平昌五輪は24日、新種目のスピードスケート女子マススタートが行われ、開会式で“美人過ぎる旗手”として話題を集めたサスキア・アルサル(エストニア)が決勝に臨み、4位だった。日本の高木菜那(日本電産サンキョー)が金メダル。佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は準決勝で転倒に巻き込まれ、リタイアしていた。

高木菜那【写真:Getty Images】
高木菜那【写真:Getty Images】

大逃げを打ったアルサルが4位入賞、高木菜那が金メダル!

 平昌五輪は24日、新種目のスピードスケート女子マススタートが行われ、開会式で“美人過ぎる旗手”として話題を集めたサスキア・アルサル(エストニア)が決勝に臨み、4位だった。日本の高木菜那(日本電産サンキョー)が金メダル。佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は準決勝で転倒に巻き込まれ、リタイアしていた。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 16選手による決勝。黒と青のボディースーツに身を包んだアルサル。2周目で一気に加速。後続一気にを引き離し、“大逃げ”を打つ展開。ポイントの入る4周目をトップで通過し、まずは5点を獲得。そこからも一人旅は続き、8周目もトップで通過した。

 後続がけん制する間に12周目もトップ。しかし13周目に後続に追いつかれた。それでも序盤のポイントを生かして、4位入賞を果たして見せた。

 アルサルにとっては、今大会唯一の出場種目。ヴェールを脱いだことに、ツイッター上は大いに盛り上がった。

「エストニアの選手美人過ぎないか」

「アルサル選手ほんと綺麗だった」

「アルサルさん美人過ぎ」

「エストニア代表の選手が美人すぎて震えた」

「アルサル美人だわ」

 アルサルは9日に行われた開会式で旗手を務め、白いコートに白のニット帽姿で闊歩。テレビ画面に映ったのは十数秒だったが、日本では「激美人」「雪の女王感すごい」などとツイッター上で話題を呼び、海外ファン、メディアに特集されるなど、一躍、時の人になっていた。

 またエストニアにとっては、この日が独立して100年の節目の日だった。母国の思いも胸に、初の五輪で堂々と滑り切った。

【マススタート】今大会からの新種目。1周400メートルのトラックを16周し、計6400メートルで勝負が決する。1周目は加速が禁止で、2週目から本格的にレースがスタート。順位は得点によって決定。4周通過ごとに上位3選手に得点(1位5点、2位3点、3位1点)が与えられ、ゴール順位の得点(1位60点、2位40点、3位20点)と合算して最終順位が決まる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー