[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完敗ホリフィールドが判定に恨み節 初回TKOも「悪い判定」「傷ついていない。残念」

ボクシングの元世界ヘビー級統一王者イベンダー・ホリフィールド(米国)が11日(日本時間12日)、米フロリダ州で行われたヘビー級8回戦で元UFC王者ヴィトー・ベルフォート(ブラジル)と対戦。58歳にして10年ぶりの現役復帰を果たしたが、初回TKO負けを喫した。ホリフィールドは試合後「悪い判定だったと思う。あんなに早く試合を止めるべきではなかった」とレフェリーのストップが早かったと語ったという。英メディアが報じている。

10年ぶりの現役復帰を果たしたが、初回TKO負けを喫したホリフィールド【写真:AP】
10年ぶりの現役復帰を果たしたが、初回TKO負けを喫したホリフィールド【写真:AP】

10年ぶりリング復帰も元UFC王者にTKO負け

 ボクシングの元世界ヘビー級統一王者イベンダー・ホリフィールド(米国)が11日(日本時間12日)、米フロリダ州で行われたヘビー級8回戦で元UFC王者ヴィトー・ベルフォート(ブラジル)と対戦。58歳にして10年ぶりの現役復帰を果たしたが、初回TKO負けを喫した。ホリフィールドは試合後「悪い判定だったと思う。あんなに早く試合を止めるべきではなかった」とレフェリーのストップが早かったと語ったという。英メディアが報じている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 早々に相手の圧力に屈した。初回、相手の連打を食らうも耐えていたホリフィールド。残り40秒を切ったところで、44歳ベルフォートの左アッパーをまともに食らった。後ろ向きにダウン。なんとか立ち上がったが、再開後も一方的に打ち込まれる。レフェリーが試合を止め、ホリフィールドのTKO負けとなった。

 2011年以来、10年ぶりの復帰戦。当初は6階級制覇王者オスカー・デラホーヤ(米国)がリングに上がるはずだったが、新型コロナウイルス感染のため、代役としてホリフィールドの出場が急遽決まっていた。

 英ラジオ局「トークスポーツ」は「イベンダー・ホリフィールドは初回TKO負けを『残念』と認めるも、未だにマイク・タイソンを求めている」との見出しで記事を掲載。ホリフィールドのコメントを伝えている。

 対戦したベルフォートについては「相手は押せ押せで、強かった」と評した58歳だが、「だけど傷ついてなんかいない。決定的な一撃があったわけではないが、バランスを崩してしまった。傷ついていない。残念だ」とダメージを受けていないことをアピールしている。

 また初回TKOとなったことについては「悪い判定だったと思う。あんなに早く試合を止めるべきではなかった」と話している。以前から希望しているマイク・タイソンとの試合については「もちろんだ。やりたい」と熱望していたと伝えられれている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集