[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

44歳大山志保、V届かず3位も「まだまだ上を目指せる」 同組の稲見&西郷から「刺激」

女子ゴルフ国内ツアーのメジャー大会、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の最終ラウンド(R)が12日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。44歳の大山志保(大和ハウス工業)は、5バーディー、2ボギーの69で通算14アンダー。22歳の稲見萌寧(都築電気)、19歳の西郷真央(大東建託)に続く3位に入り「まだまだ上を目指せる」と目を輝かせた。

大山志保【写真:Getty Images】
大山志保【写真:Getty Images】

故障から必死のリハビリで5月に復帰「痛みなくなってきた」

 女子ゴルフ国内ツアーのメジャー大会、日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯の最終ラウンド(R)が12日、茨城・静ヒルズCC(6680ヤード、パー72)で行われた。44歳の大山志保(大和ハウス工業)は、5バーディー、2ボギーの69で通算14アンダー。22歳の稲見萌寧(都築電気)、19歳の西郷真央(大東建託)に続く3位に入り「まだまだ上を目指せる」と目を輝かせた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大山は会見で正直な思いを口にした。「今日はうれしい気持ちと悔しい気持ちと半分半分です」。1番からバーディーを奪い、前半は稲見、西郷とのマッチレースを続けた。ドライバーの飛距離でも2人に負けず、7、8番ではロングパットを決めて連続バーディー。優勝の可能性を大いに感じさせた。しかし、9番パー5では第2打を池に入れ、これが稲見の独走を許すきっかけになった。

「9番は、フェードを打とうと思ったら、体が起き上がってしまいました。ただ、すごく収穫の多い1週間でした。まだまだいいショットが打てるし、上を目指せるなと感じました。このコースが成長させてくれました」

 今季は2020年11月の大王製紙エリエールレディース後、左鎖骨付近に痛みを感じ、長くツアーを離れた。必死のリハビリで、今年5月末のリゾートトラストレディスからツアー復帰。7月以降は「鎖骨の痛みもなくなってきた」といい、今大会で得た1400万円で賞金ランクはシード権内の42位に浮上した。

 しかし、これで安心することない。大山は「プロである限りは優勝を目指していきたいです。(最終組で回った)稲見さんも、西郷さんも本当にすごいと思いましたし、刺激をもらいましたので、ここからまた頑張っていきます」と言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集