[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

早田ひな「期待に応えるのがエース」 Tリーグ開幕白星に貢献、パリ五輪候補が躍動

卓球のTリーグ女子は10日、東京・大田区総合体育館で4季目が開幕した。4連覇を目指す日本生命レッドエルフは、リーグ新規参戦の九州アスティーダに3-1で開幕白星。東京五輪代表補欠で昨季リーグMVPの早田ひなが、第2試合のシングルスでインターハイ3冠の17歳から勝利を収めるなど、24年パリ五輪代表を狙う選手たちが躍動した。

第2試合で3-1で勝利した日本生命レッドエルフの早田ひな【写真:中戸川知世】
第2試合で3-1で勝利した日本生命レッドエルフの早田ひな【写真:中戸川知世】

卓球Tリーグ女子が開幕

 卓球のTリーグ女子は10日、東京・大田区総合体育館で4季目が開幕した。4連覇を目指す日本生命レッドエルフは、リーグ新規参戦の九州アスティーダに3-1で開幕白星。東京五輪代表補欠で昨季リーグMVPの早田ひなが、第2試合のシングルスでインターハイ3冠の17歳から勝利を収めるなど、24年パリ五輪代表を狙う選手たちが躍動した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 第1試合のダブルスは日本生命の森さくら、長崎美柚ペアが19年世界選手権銅メダルペアの佐藤瞳、橋本帆乃香と対戦。世界屈指のカットマンから第1ゲーム(G)を奪ったが、第2Gは8-11で落とした。6-6から始まる第3Gは2度デュースの末、13-11で勝利。2人で歓喜のハグを交わした。

 第2試合のシングルスには早田が登場。大坂・四天王寺高2年の横井咲桜と対戦した。8月にインターハイ3冠に輝いた17歳から第1Gを11-9で先取。第2Gは開始から5連続失点を喫するなど、6-11でゲームカウント1-1とした。第3Gは持ち前の強打で攻め立て11-4と圧倒。リターンで粘る相手に何度もスマッシュを叩き込んだ。

 第4Gも優勢だったが、10-6から失点したところでタイムアウト。Tリーグデビュー戦の17歳に1点差に迫られたが、最後は11-9で11月の世界選手権シングルス代表の貫録を示し、ガッツポーズをつくった。伊藤美誠、平野美宇と同学年の21歳。19年世界選手権は女子ダブルスと団体で銀メダル獲得し、補欠だった東京五輪は裏方として日本代表選手をサポートしていた。

 第3試合のシングルスは、21歳の笹尾明日香が19歳の出澤杏佳と対戦。速いラリーを展開し、第1、2Gとも11-10の接戦を競り勝った。第3Gは9-11で落としたが、第4Gを11-9で獲得。第4試合シングルスは、長崎がダブルスで対戦した橋本と再び激突。24年パリ五輪代表を狙う19歳だが、10-11、7-11、6-11のストレートで敗れた。九州は開幕黒星となったが、橋本がTリーグ初勝利を挙げた。

 試合後の場内インタビューでは、早田が「有観客で久々に皆さんにお会いできることを楽しみにしていた。こうやって勝ててよかった」とコメント。「(相手は)本当にいろんな選手がいる。対策が難しい状態だったけど、世界選手権の選考会もありながら、大変な状況で選手一人ひとりが1点を獲って頑張ったと思います」と振り返った。

 リーグ女王として追われる立場にも「向かってくる選手が多い中、プレッシャーもあったけど、エースとしてコートに立たせてもらっている。期待に応えるのがエース。緊張したけど、勝利に導くことができてよかった」と笑顔。「皆さんに見てもらいながら試合するのは好きだなと思う。このような状況下で試合をさせていただけるのが本当にありがたい。皆さんにしっかり勝利を届けられた。4連覇に向かって頑張ります」と客席に手を振った。

 次戦は日本生命が13日にトップおとめピンポンズ名古屋と大田区総合体育館で、九州が20日に日本ペイントマレッツと合志市総合体育館で対戦する。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集