[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、歴代2位タイのシーズン7勝 3打差逆転で強さ発揮、03年不動裕理まであと3勝

女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディス最終日が29日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)で行われ、3打差の4位で出た東京五輪銀メダルの稲見萌寧(都築電気)が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算16アンダーで逆転優勝した。3か月ぶりの今年6勝目&ツアー通算8勝目。コロナ禍による2020-21年統合(52試合)の変則シーズンだが、シーズン7勝は歴代2位タイとなった。

通算16アンダーで逆転優勝した稲見萌寧【写真:Getty Images】
通算16アンダーで逆転優勝した稲見萌寧【写真:Getty Images】

ニトリレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディス最終日が29日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)で行われ、3打差の4位で出た東京五輪銀メダルの稲見萌寧(都築電気)が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算16アンダーで逆転優勝した。3か月ぶりの今年6勝目&ツアー通算8勝目。コロナ禍による2020-21年統合(52試合)の変則シーズンだが、シーズン7勝は歴代2位タイとなった。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 稲見が強さを見せつけた。出だしの1番でいきなりバーディーを奪うと、5番パー4の第2打はグリーンでワンバウンドした後にピンに直撃。カップのそばにポトリと落ち、楽々とバーディーだ。ピンに当たっていれば大きく奥に飛んでしまっていたシーン。運も味方につけ、13アンダーで首位の全美貞に並んだ。

 続く6番も1つ伸ばして単独首位に立つと、後半10番もバーディー。全美貞に1打差に迫られた後の15番でバーディーを奪って突き放した。前週は単独首位で出た最終日に4連続を含む7ボギーの大崩れで2位。賞金ランクトップの小祝さくらに優勝を譲ったが、今週は小祝の3連勝を阻止する逆転Vとなった。

 昨年10月の1勝も合わせ、シーズン7勝は03年不動裕理の10勝(30試合)に次ぐ歴代2位タイ。04年の不動、15年のイ・ボミ、19年の鈴木愛に並んだ。22歳31日での通算8勝目は宮里藍(19歳337日)、横峯さくら(21歳305日)に次ぐ3番目の早さ。3週間前には東京五輪で銀メダルを獲得した22歳が強さを発揮した。

 今季は統合の変則シーズンだが、今週で19年の試合数と同じ39試合に達した。

【主な選手の最終成績】
優勝(-16)稲見萌寧
2位(-15)全美貞
3位(-12)堀琴音、山路晶
5位(-10)勝みなみ
6位(-9)野澤真央
7位(-8)三ヶ島かな

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集