[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 高梨沙羅、「期待外れの歴史」から涙の逆襲 米称賛「ついに大きな報酬を手にした」

高梨沙羅、「期待外れの歴史」から涙の逆襲 米称賛「ついに大きな報酬を手にした」

平昌五輪は13日、スキージャンプ女子ノーマルヒル個人で高梨沙羅(クラレ)が103.5メートルを2本飛び、243.8点をマーク。この種目で日本勢初となる銅メダルに輝いた。前回ソチ大会で優勝候補と期待されながら、まさかの表彰台を逃した21歳の悲願のメダル獲得に対し、米メディアも「ついに大きな報酬を手にした」「女子史上最高のジャンパー」と称えている。

高梨沙羅【写真:Getty Images】
高梨沙羅【写真:Getty Images】

前回ソチ大会、まさかのメダル逸から4年越しの雪辱を米メディア賛辞

 平昌五輪は13日、スキージャンプ女子ノーマルヒル個人で高梨沙羅(クラレ)が103.5メートルを2本飛び、243.8点をマーク。この種目で日本勢初となる銅メダルに輝いた。前回ソチ大会で優勝候補と期待されながら、まさかの表彰台を逃した21歳の悲願のメダル獲得に対し、米メディアも「ついに大きな報酬を手にした」「女子史上最高のジャンパー」と称えている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 強風に雪が舞う中、2本目に103.5メートルを飛んだ高梨には笑顔が溢れた。

 ルンビ(ノルウェー)、アルトハウス(ドイツ)の2人を残して1位。この時点で、メダルが確定した。ともに戦ってきた盟友の伊藤有希(土屋ホーム)が駆け寄り、抱擁を交わすと、万感の涙もこぼれた。

 大本命として臨んだ前回のソチ五輪は、まさかの4位に終わった。あれから4年――。悔し涙を嬉し涙に変え、念願のメダルを手にした。感動の雪辱を、米テレビ局「NBCニューヨーク」もレポートしている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー