[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “ミレニアム世代”が冬季史上初の金メダル! 米国の17歳が歴史作る…スノーボード

“ミレニアム世代”が冬季史上初の金メダル! 米国の17歳が歴史作る…スノーボード

平昌五輪は11日、スノーボードの男子スロープスタイルを行い、レドモンド・ジェラルド(米国)が金メダルを獲得。平昌五輪の米国勢初のメダル第1号となったが、このメダルが歴史的だと話題を呼んでいる。

レドモンド・ジェラルド【写真:Getty Images】
レドモンド・ジェラルド【写真:Getty Images】

高2世代が冬季史上初の金字塔、“2000年生まれ”のジェラルドが歴史的金メダル

 平昌五輪は11日、スノーボードの男子スロープスタイルを行い、レドモンド・ジェラルド(米国)が金メダルを獲得。平昌五輪の米国勢初のメダル第1号となったが、このメダルが歴史的だと話題を呼んでいる。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 ジェラルドは2000年生まれの17歳。米国の大手データ会社「グレースノート」社は2000年1月1日以降に生まれた選手として、冬季五輪初の金メダルに輝いたと伝えている。

 まだ表情にあどけなさが残る17歳が、大仕事をやってのけた。3度目に完璧なバックサイドトリプルコーク1440を決めて、87.16点で金メダルを獲得。同社によると「アメリカのレドモンド・ジェラルドは冬季オリンピック初の2000年1月1日以降に生まれたメダリストだ。17歳と227日でスノーボードの全種目で最年少の金メダリストでもある」と“ミレニアム世代”の初メダル獲得を紹介している。

 日本のレジェンド葛西紀明とはまるで親子だ。葛西は45歳での8大会連続8度目の五輪出場を達成したと話題を呼んでいるが、このジェラルド少年も歴史を作った。

 このメダルは大きな話題に。米紙「ロサンゼルス・タイムス」は「スノーボーダーのレド・ジェラルドがスロープスタイルでアメリカ最初の金を獲得」と見出しをつけて報じた。記事では「スノーボードで最も若いメダリストで、全種目の男子で2番目に若いメダリスト」だとも伝えている。

 “ミレニアム世代”は日本なら現在、高校2年生。日本ならフィギュアスケートの坂本花織(シスメックス)と同い年だ。新星の活躍が、平昌に新たな風を吹き込んだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー