[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メドベ、「81.06点の衝撃」に世界のファン騒然「フェアじゃない」「なんて凄いの!」

メドベ、「81.06点の衝撃」に世界のファン騒然「フェアじゃない」「なんて凄いの!」

平昌五輪は11日、フィギュアスケート団体予選が行われ、最終種目の女子シングルのショートプログラム(SP)でエフゲニア・メドベージェワ(OAR)が世界歴代最高の81.06点をマークし、1位に輝いた。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

異次元の世界歴代最高得点、海外ファン騒然「メドベージェワで私はむせび泣いた」

 平昌五輪は11日、フィギュアスケート団体予選が行われ、最終種目の女子シングルのショートプログラム(SP)でエフゲニア・メドベージェワ(OAR)が世界歴代最高の81.06点をマークし、1位に輝いた。自身初の五輪の舞台で衝撃を与えた世界女王に対し、海外ファンも「なんて凄いの!」「むせび泣いた」「まさに息をのむよう」と騒然となっている。なお、OARは総合2位でフリーに駒を進めた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 まさに圧巻――。メドベージェワはただ一人、別次元の世界にいた。ショパン「ノクターン」の美しい調べに合わせ、表情豊かに演じると、3回転フリップ―3回転トーループを含め、ジャンプもミスなく着氷。完璧なSPを演じ切った瞬間、この日一番の喝采が降り注いだ。スコアは自身が持つ世界歴代最高を更新する81.06点。キスアンドクライで思わず、ガッツポーズが飛び出した。

 SNS上では、世界のファンも騒然となった。

「なんてラブリーで、なんて凄いの!!!」
「メドベージェワで私はむせび泣いた」
「まさに息をのむようだった。ただただ眩しい」
「メドベージェワが良すぎる、フェアじゃないくらい」
「壮麗、優雅、ビューティフル!」

 このようにコメントが相次ぎ、「81.06点の衝撃」は瞬く間に世界を駆け巡っている。

 メドベージェワは世界選手権2連覇中の絶対女王。今季はGPシリーズ連勝後の11月に右足甲にひびが入る故障を発症し、GPファイナルを欠場。復帰戦の1月ヨーロッパ選手権では母国の後輩、アリーナ・ザギトワに敗れ、2年ぶりに個人戦Vを逃したが、2戦目となった自身初の五輪の舞台で世界を驚かせた。金メダルが本命視される女子シングルへ、手がつけようがないかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー