[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、国内復帰初日は暫定45位出遅れ 観衆の拍手喝采も「ほんっとうに暑い」

女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップが16日、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で開幕した。今週から国内ツアーに復帰した渋野日向子(サントリー)は3バーディー、2ボギーの71で回り1アンダー。ホールアウト時点では暫定45位と出遅れ。若林舞衣子(ヨネックス)、野澤真央(愛知製鋼)、濱田茉優(伊藤園)が9アンダーで暫定首位。各日上限2000人で有観客開催となっている。

2番でバーディーを奪い、笑顔を見せる渋野日向子【写真:浜田洋平】
2番でバーディーを奪い、笑顔を見せる渋野日向子【写真:浜田洋平】

GMO&サマンサカップが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップが16日、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で開幕した。今週から国内ツアーに復帰した渋野日向子(サントリー)は3バーディー、2ボギーの71で回り1アンダー。ホールアウト時点では暫定45位と出遅れ。若林舞衣子(ヨネックス)、野澤真央(愛知製鋼)、濱田茉優(伊藤園)が9アンダーで暫定首位。各日上限2000人で有観客開催となっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 気温30度を超える暑さの中、渋野は2番は約5メートルのバーディーパットを入れ、国内復帰後初バーディー。待ちわびた多くのギャラリーから拍手を受け、笑顔を見せた。167ヤードの5番パー3は2メートルにつけて1つ伸ばした。6番も約5メートルのフックラインを入れて連続バーディー。8番で落とすと、後半は伸ばしきれず。最終18番でもボギーを叩いた。

 前回2019年大会女王で同じ1998年度生まれの小祝さくら(ニトリ)、今年5勝で東京五輪代表の稲見萌寧(都築電気)と同組。ラウンド後の中継インタビューではこう答えた。

「ほんっとうに暑かったです。今日一日、3人で楽しく回れた。2人のおかげでスムーズに回れて楽しかったです。ショットの精度でいうと、アイアンショットは本当によくなった。パットは最後にがっついてボギーにしてしまった。内容的にはよかったので、スコアの割には納得しています。(隔離があった中では)よかったと思います」

 3月最終週のアクサレディス以来110日ぶりの国内ツアー。4月から6月末まで海外メジャー3つを含む7試合の米ツアーを転戦し、最高成績は31位だった。ANAインスピレーションと全米女子オープンのメジャー2大会は予選落ち。最終週の全米女子プロ選手権ではキャディーが新型コロナウイルスの陽性反応を示し、急遽現地のキャディーとラウンドするなどハプニングを経験した。2週間の隔離期間を経て今大会を迎えた。

「明日から修正しないといけない。狭いホールで打ちたいところで打てているのは嬉しかった。3パットしてしまったけどいいゴルフもできている。なかなか8打差と言われても追いつくには自分がビッグスコアを出さないといけない。今日のゴルフでパットが入ればちょっとずつ伸ばしていける。ピンポジ次第ではもっと強気のゴルフができれば」

 3月に出場した今年の国内ツアーは13位、57位、11位、15位だった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集