[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 世界202位の“奇跡”と1位の“衝撃” パー4“エース未遂”をPGAが企画で対決

世界202位の“奇跡”と1位の“衝撃” パー4“エース未遂”をPGAが企画で対決

先週の米男子ゴルフツアーのフェニックスオープンは当時、世界202位の40歳が放った衝撃のショットで沸いた。ロバート・ガリガス(米国)のピン直撃のパー4での、ホールインワン寸前の一打は、PGAツアーの「ショット・オブ・ザ・ウィーク」1位にも選出されるなど、衝撃の余韻はしばらく消えなかった。

ロバート・ガリガス【写真:Getty Images】
ロバート・ガリガス【写真:Getty Images】

世界202位のガリガスVS世界1位のジョンソン、すごいのはどちら?

 先週の米男子ゴルフツアーのフェニックスオープンは当時、世界202位の40歳が放った衝撃のショットで沸いた。ロバート・ガリガス(米国)のピン直撃のパー4での、ホールインワン寸前の一打は、PGAツアーの「ショット・オブ・ザ・ウィーク」1位にも選出されるなど、衝撃の余韻はしばらく消えなかった。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 PGAツアー公式サイトは「必見の瞬間」という恒例企画で、このガリガスの一打と、現在の世界ランク1位ダスティン・ジョンソン(米国)が1月の大会で演じた伝説の“パー4エース未遂”とを、人気投票で「対決」させている。

 パー4での“エース未遂”はどっちが凄いのか。PGAツアー公式サイトは「必見の瞬間」という恒例の企画で両動画を公開した

 まずはガリガスのスーパーショットだ。3日目の17番パー4。317ヤードと短く、ほとんどの選手が1オンを狙うホールだった。ドライバーを振りぬいたボールはきれいな弧を描き、ピンフラッグ方向へ一直線。グリーン手前に着弾しても勢いは止まらず、完全にラインに乗って転がったピンへ。これは入る――!? そんな期待が膨らんだが、ボールはピンを直撃。勢い余って弾んだボールはカップに沈むことなく、カップのすぐ脇に止まってしまった。

 カップまではわずかに10センチ。このショットには「奇跡的な何かに近い」「感銘を受ける一撃!」「二度とできないショットかもしれない」と仰天の声が上がっていた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー