[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

0秒53差に涙が止まらない18年女王 400m障害2位の宇都宮絵莉「シンプルに悔しい」

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子400メートル障害決勝では、宇都宮絵莉(長谷川体育施設)が57秒83で2位。57秒30で優勝した山本亜美(立命大)に0秒53及ばなかった。会見では涙を流し、「タイムもよくなく、勝つこともできなかったので、悔しい結果」と振り返った。

女子400メートル障害決勝では57秒83で2位だった宇都宮絵莉【写真:編集部】
女子400メートル障害決勝では57秒83で2位だった宇都宮絵莉【写真:編集部】

陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子400メートル障害決勝では、宇都宮絵莉(長谷川体育施設)が57秒83で2位。57秒30で優勝した山本亜美(立命大)に0秒53及ばなかった。会見では涙を流し、「タイムもよくなく、勝つこともできなかったので、悔しい結果」と振り返った。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 溢れ出る涙を堪えきれなかった。2018年大会で優勝している宇都宮。僅かな差で敗れた決勝レース後、オンライン会見では「ゴールした瞬間は、シンプルに日本一になれなかった悔しさがあった」と振り返った。

 学生時代から、七種競技と400メートル障害で活躍するなどマルチアスリートとして知られる28歳。18年には400メートル障害で56秒84の好タイムを叩き出しているが、自己ベストには1秒近く及ばなかった。「もう一度今日のレースを落ち着いて振り返って、これまで納得して選択したことが無駄にならないように」と語った。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集