[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三浦龍司、転倒しても日本新 3000m障害で8分15秒99&五輪内定「がむしゃらだった」

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が26日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子3000メートル障害では三浦龍司(順大)が8分15秒99で優勝。自身が持つ日本記録を更新し、東京五輪代表に内定した。8分19秒96で2位の山口浩勢(愛三工業)、8分20秒70で3位の青木涼真(Honda)も五輪参加標準8分22秒00をクリア。同じく東京五輪の代表切符を獲得した。

陸上・日本選手権、男子3000メートル障害で日本記録を更新した三浦龍司【写真:編集部】
陸上・日本選手権、男子3000メートル障害で日本記録を更新した三浦龍司【写真:編集部】

陸上・日本選手権、男子3000m障害は3選手が五輪内定

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が26日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子3000メートル障害では三浦龍司(順大)が8分15秒99で優勝。自身が持つ日本記録を更新し、東京五輪代表に内定した。8分19秒96で2位の山口浩勢(愛三工業)、8分20秒70で3位の青木涼真(Honda)も五輪参加標準8分22秒00をクリア。同じく東京五輪の代表切符を獲得した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 三浦は序盤からレースを引っ張り、ラスト1周直前の水濠で転倒するも、一気にペースを上げて再びトップに。後続を引き離し、堂々の日本新記録を叩き出した。「結果的に日本新記録、内定を決められて満足です」とレース後の会見では振り返った。

 転倒の場面は、「接地のタイミングがずれて、前に行き損ねた。そんな感覚だった」と説明。擦り傷は負ったが、「走りに支障はない」状態だったという。「こけたことで焦りもあった。他の選手も離れないような感覚があったので、前しか見ず、がむしゃらにやっていた。後続の動きは全く気にせず走っていた」と最後の1周を振り返った。

 昨年10月、箱根駅伝の予選会でハーフマラソンのU20における日本記録を更新。今年5月には、3000メートル障害の日本新記録を樹立していた。山口、青木とともに五輪代表に内定。「競技レベルの向上は肌で感じている。注目してくださる方も増えていると感じているので、この競技が盛り上がっているのは感じる。競技者として凄く嬉しい」と語った。

 東京五輪に向けては「決勝に進むのが第一の目標。まだまだマイナーな種目。日本で開催されますし、魅せるような走りで盛り上がっていけるような走りをしたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集