[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドライバー破壊しながら300y飛ばす 米レフティーに驚愕「なんだこれ」「狂っている」

米男子ゴルフのトラベラーズ選手権は25日(日本時間26日)、米コネチカット州のTPCリバー・ハイランズで2日目が行われた。驚かせたのは66をマークし、9位から2位に浮上したバッバ・ワトソン(米国)だ。インパクトの瞬間にドライバーのヘッドが外れ、飛んで行ってしまったが、フェアウェーを捉える295ヤードのビッグドライブを記録。実際の映像をPGAツアーの公式ツイッターが公開すると、「なんなんだこれは」「狂っている」などと米ファンに衝撃を与えている。

ドライバーを壊しながらもビッグドライブを見せたバッバ・ワトソン【写真:AP】
ドライバーを壊しながらもビッグドライブを見せたバッバ・ワトソン【写真:AP】

ボールもドライバーヘッドも飛ばした1打が話題に

 米男子ゴルフのトラベラーズ選手権は25日(日本時間26日)、米コネチカット州のTPCリバー・ハイランズで2日目が行われた。驚かせたのは66をマークし、9位から2位に浮上したバッバ・ワトソン(米国)だ。インパクトの瞬間にドライバーのヘッドが外れ、飛んで行ってしまったが、フェアウェーを捉える295ヤードのビッグドライブを記録。実際の映像をPGAツアーの公式ツイッターが公開すると、「なんなんだこれは」「狂っている」などと米ファンに衝撃を与えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 米ツアー屈指の飛ばし屋ワトソンが驚愕のドライバーショットだ。2番パー4のティーショット。レフティーはトレードマークのピンクのドライバーを思い切り振り下ろした。するとインパクトの瞬間だ。ドライバーのヘッドが外れ、どこかへ飛んで行った。

 異変を感じたワトソンは振り抜かずに、ハーフショットのような格好に。それでもまっすぐ飛び出した打球はフェアウェーに着弾。飛距離も295ヤードと十分なものだった。

 PGAツアーは「ドライバーが壊れながらも、偉大なドライブ。バッバ・ワトソンによる滅多にみられない光景」と記して実際の映像を公開。すると米ファンは衝撃を受けているようで「なんなんだこれは」「凄い。刮目せよ」「狂っている!」「ワイルドだ」「本当に素晴らしい」「ボールも破壊する勢い」「これはクール」「怪我人が出なくて良かった」などとコメント欄が盛り上がっている。

 英衛星放送「スカイスポーツ」でもこのショットに注目。「バッバ・ワトソンのドライバーのヘッド部分が飛んで行ってしまったが、そのホールでバーディーを決めた」と題した記事で一部始終をレポート。「インパクトの瞬間にヘッド部分がギャラリーの元に飛んで行ってしまったが、ワトソンは295ヤードを飛ばし、セカンドハーフウェイまで運んだ」「幸いにもヘッドはラフに収まった」などと続けている。

 トラブルにも動じなかったワトソン。5バーディー、1ボギーと4つスコアを伸ばし、通算8アンダーで首位ジェイソン・デイ(オーストラリア)と1打差の2位に浮上している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集