[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子100m決勝 関西学生200m女王・壹岐あいこが2位「一番懸けていた試合、素直に嬉しい」

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル決勝では前回大会女王の兒玉芽衣(福岡大)が11秒62(向かい風1.9メートル)で優勝。関西学生女王・壹岐あいこ(立命大)が11秒64で2位だった。

陸上・日本選手権、女子100メートルに出場した壹岐あいこ【写真:編集部】
陸上・日本選手権、女子100メートルに出場した壹岐あいこ【写真:編集部】

姉・いちこと走った予選で自己ベストマーク

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル決勝では前回大会女王の兒玉芽生(福岡大)が11秒62(向かい風1.9メートル)で優勝。関西学生200メートル女王・壹岐あいこ(立命大)が11秒64で2位だった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 優勝した兒玉を終盤に猛追。壹岐はわずかに0秒02差届かなかったが、堂々の2位フィニッシュだった。レース後は「前半シーズンの中で一番重要で、一番懸けていた試合、素直に2番になれたことは嬉しいなと思います」と喜びに浸った。

 壹岐は立命大の3年生。昨年は関西インカレ200メートルで優勝し、100メートルでは日本インカレ2位に入った実績を持つ。今大会は姉・いちこと並んで走った予選(24日)で11秒59と自己ベストをマークしていた。

 収穫と課題を問われると、「良かったのは後半。得意としている伸びが出せた。ずっと足のさばきを意識していたので、それをレースで出せたのではないかと思います」と口にし、課題については「スタートからの加速がまだまだ周りに比べると遅いので、そこが課題だと思います」と冷静に分析していた。

 成長著しい20歳。「決勝ではもう少し良いタイムを目指していたので、そこは悔しいかなと思います。もう1段階上に行きたいのが正直なところです」と更なる飛躍を誓っていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集