[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、看板越え24号を間近で体感 “大谷専用アングル”に米虜「マジで興奮する」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のレイズ戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で24号本塁打を放った。右翼の巨大看板のさらに上にぶち当てる飛距離453フィート(約138.1メートル)の特大弾。MLB公式ツイッターでは三塁側から至近距離で映した“大谷専用アングル”の映像を公開。これに米ファンは「553フィート(168メートル)と言われてもおかしくない」「マジで興奮する」などと熱い視線を注いでいる。

初回の第1打席で24号本塁打を放った大谷翔平【写真:Getty Images】
初回の第1打席で24号本塁打を放った大谷翔平【写真:Getty Images】

特大弾を三塁側から…MLB公式SNS「彼にとっては大したことでは」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のレイズ戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で24号本塁打を放った。右翼の巨大看板のさらに上にぶち当てる飛距離453フィート(約138.1メートル)の特大弾。MLB公式ツイッターでは三塁側から至近距離で映した“大谷専用アングル”の映像を公開。これに米ファンは「553フィート(168メートル)と言われてもおかしくない」「マジで興奮する」などと熱い視線を注いでいる。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 規格外の一発だ。初回の第1打席、大谷はカウント1-1からの3球目、右腕キトレッジの90マイル(約145キロ)をスイングすると、高々と舞い上がった打球は勢いを保ったまま、右翼席に設置されている巨大看板のさらに上に着弾した。

 大谷自身もすぐに確信した。打球の行方を見つめながらゆっくりと走り出す。表情を変えることなくダイヤモンドを1周。生還するとポンと両手を叩き、チームメートとグータッチ。そしてようやく笑みをこぼしていた。

 至近距離から大谷を捉えた映像を、MLBは公式ツイッターに投稿。「彼にとっては大したことじゃない。試合開始直後、オオタニは看板を越える打球速度116.1マイル(約186.8キロ)、飛距離453フィートの本塁打を放った」と記すと、コメント欄の米ファンも盛り上がっている。

「453フィート以上はあったと思う」
「爆風が巻き起こっていた」
「マジで興奮する」
「特別な存在。なんという才能」
「あれは爆弾だった」
「音が違う」
「553フィート(168メートル)と言われてもおかしくない」

 大谷は第2打席でも絶妙なセーフティーバントを決めるなど4打数2安打1打点。しかしチームは終盤に勝ち越しを許し、3-4で敗れている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集