[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 来ないバス、凍える寒さ… 杜撰な運営に海外記者怒り「開幕したら何が起こるか…」

来ないバス、凍える寒さ… 杜撰な運営に海外記者怒り「開幕したら何が起こるか…」

平昌五輪の開会式まであと3日に迫っているが、課題に挙がっているのは、寒すぎる気候と機能しない交通だ。地元の韓国紙は、特に改善されない交通システムの問題点を指摘し、トラブルに巻き込まれた記者が「始まる前からこんな状態で、開幕したらどんなことが起こるか明らかだ」と怒りの声を上げたことを伝えている。

開幕が目前に迫る平昌五輪【写真:Getty Images】
開幕が目前に迫る平昌五輪【写真:Getty Images】

改善されない杜撰な交通システム…地元・韓国紙も指摘「平昌への道は遠くて険しい」

 平昌五輪の開会式まであと3日に迫っているが、課題に挙がっているのは、寒すぎる気候と機能しない交通だ。地元の韓国紙は、特に改善されない交通システムの問題点を指摘し、トラブルに巻き込まれた記者が「始まる前からこんな状態で、開幕したらどんなことが起こるか明らかだ」と怒りの声を上げたことを伝えている。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

「“遠くて険しい”平昌に行く道…『どうしてこんなシステムでオリンピックを』」と報じたのは、韓国スポーツ紙「スポーツワールド」だった。

 記事では、5日に平昌メインプレスセンターからスピードスケート会場に向かおうとした、ある記者が「これまでオリンピックを通して、こんなことは初めてだ。競技場に行くバスが最初からないのみならず、予定されたバスは来ない。始まる前からこんなんで、本大会が開幕したら、どんなことが起こるかは明らかだよ」と激しい風と寒さに震え、顔を真っ赤にして怒ったという。

「間違いなく、交通システムのせいだ」と記事では問題点を指摘。この日、スピードスケート会場に向かうメディアシャトルバスはなく、輸送担当者は「大会前なので練習がない場所にはバスの運行はしない」と説明したが、実際には午前11時から午後6時まで練習は行われていたという。

 ただし、これは「2番目の問題」とし、「さらに大きな問題」に挙げたのは、世界各国の記者の報道拠点となるメインプレスセンターから各競技場があるオリンピックパークへの直通バスがないことだという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー