[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、彼は外したのか… まさかの「コロコロの悲劇」に騒然「歴代最悪PKの新候補」

なぜ、彼は外したのか… まさかの「コロコロの悲劇」に騒然「歴代最悪PKの新候補」

海外サッカーでGKを欺くはずのコロコロPKが、自らの策に溺れ、枠を外すという珍事が発生。痛恨の「コロコロの悲劇」の瞬間を、FOXスポーツアジア版公式インスタグラムが「歴代最悪のPKに新たな立候補者が登場」と題して動画付きで紹介し、笑撃の事態となっている。

トルコで起きた「コロコロPKの悲劇」とは(画像はスクリーンショットです)
トルコで起きた「コロコロPKの悲劇」とは(画像はスクリーンショットです)

トルコのPK起きた「コロコロの悲劇」を海外メディア公開…実況唖然&観客騒然

 海外サッカーでGKを欺くはずのコロコロPKが、自らの策に溺れ、枠を外すという珍事が発生。痛恨の「コロコロの悲劇」の瞬間を、FOXスポーツアジア版公式インスタグラムが「歴代最悪のPKに新たな立候補者が登場」と題して動画付きで紹介し、笑撃の事態となっている。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 ボールはゆっくり、コロコロと転がりながら、そして――。枠外を通過した。まさかの珍事で脚光を浴びてしまったのは、トルコ2部ギレスンスポルのブラジル人MFドドだ。

 1日(日本時間2日)の国内カップ準々決勝第1戦、1部の強豪フェネルバフチェ戦だった。0-1と1点を追う後半7分、PKを獲得した。同点の絶好機。キッカーに立ったのがドドだった。5メートル以上長い距離を取り、主審の笛が鳴ると、間合いを取ってゆっくりと助走を始めた。体の動きでフェイントを仕掛けるGKの動きを見極めながら踏み込み、右足でボールを蹴った。

 放ったのは、完全に勢いを殺したコロコロシュートだった。狙い通りに相手の逆を突き、右サイドへ。決まった――。そう思った次の瞬間だった。転がったボールは、あろうことか悠然とゴールポストの右、約1メートルの距離を通過。なんと確実に決めるべきコロコロPKで、枠外に外してしまうという痛恨のミスを犯してしまったのだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー