[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

驚異の防御率0.50 ついに30イニング連続0封デグロムに敵将「彼は別のレベルにいる」

米大リーグ・メッツのエース、ジェイコブ・デグロム投手は21日(日本時間22日)、ブレーブスとのダブルヘッダー第1試合に先発。100マイル(約161キロ)超えを15球記録するなど5回1安打無失点の快投。7勝目を挙げた。連続無失点イニングを30に伸ばし、防御率は驚異の0.50となった。MLBは3連続100マイル(約161キロ)超えの投球動画を公開。「怪我も不運な安打も彼を乱すことはできない」などと称賛している。

メッツのジェイコブ・デグロム【写真:AP】
メッツのジェイコブ・デグロム【写真:AP】

ブレーブス戦で5回1安打無失点の快投

 米大リーグ・メッツのエース、ジェイコブ・デグロム投手は21日(日本時間22日)、ブレーブスとのダブルヘッダー第1試合に先発。100マイル(約161キロ)超えを15球記録するなど5回1安打無失点の快投。7勝目を挙げた。連続無失点イニングを30に伸ばし、防御率は驚異の0.50となった。MLBは3連続100マイル(約161キロ)超えの投球動画を公開。「怪我も不運な安打も彼を乱すことはできない」などと称賛している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 手が付けられない状態だ。デグロムは立ち上がりから圧巻だった。初回先頭に迎えたのは今季20本塁打の強打者アクーニャJr.。その初球から100マイルでストライクを奪った。さらに2球目も100マイルでファウル、3球目は101マイル(約163キロ)を記録。浮き上がるような軌道でアクーニャJr.のバットに空を振らせ、わずか3球で三振を奪った。

 この後もブレーブス打線に付け入る隙を与えなかったデグロムについて、AP通信は「前回登板で腕を負傷したデグロムだったが、ゲームを支配した」の見出しで記事を掲載。許したのは5回2死から外野手のお見合いによる二塁打のみ、70球で100マイル以上は15球だったと“無双劇”を伝えた。

 また、デグロムはこれで30イニング連続無失点、通算120勝を挙げたR.A.ディッキーが2012年に記録した球団記録まであと2回2/3に迫ったと紹介。「防御率0.50は、12試合に先発した投手の中でリーグ史上最高の数字だ」と伝えた。さらに、ブレーブスのスニッカー監督は「彼は別のレベルにいる」とお手上げ状態でコメントしたことも紹介している。

 MLBは、公式ツイッターでアクーニャJr.との初回の対戦シーンを動画で公開。さらに公式サイトでは「ブレーブスを抑え込み、デグロムの防御率は0.50に」と見出しを打った記事で、「怪我も粘着物質検査も不運な安打も彼を乱すことはできない」と脱帽。「デグロムは12先発連続で自責点が1以下となり、シーズンの中での記録ではボブ・ギブソンのMLB記録を抜いた」と伝えた。

 デグロムは18、19年と2年連続でサイ・ヤング賞を受賞したMLB屈指の右腕。エースの力投もあり、ダブルヘッダーによる7イニング制で行われた試合は5回に3点を奪うなどリードしたメッツが、6回のブレーブスの追撃を2点で抑え、4-2で勝利。デグロムは7勝目を挙げた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集