[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【追憶の五輪#1】1994年リレハンメル ジャンプ団体で“あの男”が悪夢の大失速

【追憶の五輪#1】1994年リレハンメル ジャンプ団体で“あの男”が悪夢の大失速

平昌五輪開幕まであと1週間。選手村の正式オープンが伝えられるなど、4年に一度の冬の祭典へ向けてのムードが高まってきた。日本代表の戦いぶりを「追憶の五輪」と題し、大会ごとに振り返る。第1回は夏季と冬季の開催年が分かれた後、初めて行われた1994年リレハンメル大会。

1994年リレハンメル大会時の原田雅彦【写真:Getty Images】
1994年リレハンメル大会時の原田雅彦【写真:Getty Images】

ノルディック複合団体は2大会連続金メダル

 平昌五輪開幕まであと1週間。選手村の正式オープンが伝えられるなど、4年に一度の冬の祭典へ向けてのムードが高まってきた。日本代表の戦いぶりを「追憶の五輪」と題し、大会ごとに振り返る。第1回は夏季と冬季の開催年が分かれた後、初めて行われた1994年リレハンメル大会。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

旗手:三ケ田礼一(ノルディック複合)
主将:橋本聖子(スピードスケート)

○金メダル(1)

阿部雅司、河野孝典、荻原健司(ノルディック複合団体)

〇銀メダル(2)

河野孝典(ノルディック複合個人)
岡部孝信、葛西紀明、西方仁也、原田雅彦(スキージャンプラージヒル団体)

〇銅メダル(2)

堀井学(スピードスケート男子500m)
山本宏美(スピードスケート女子5000m)

 夏季と冬季が2年ごとの開催となり、前回の1992年アルベールビル大会から2年後にノルウェーで行われた。日本代表は5つのメダルを獲得。ノルディック複合の個人種目では日本のエース・荻原健司は4位に終わったが、団体で巻き返し、2位のノルウェーに大差をつけて優勝。前回大会に続いて金メダルに輝いた。

【トピックス】

 スキージャンプラージヒル団体。日本チームは岡部、葛西、西方が大ジャンプを披露し、最終ジャンパーだった原田が着実に飛べば、金メダルという場面。しかし、原田のジャンプは大失速。全く距離が伸ばせず、大逆転で悪夢の銀メダルとなった。原田は号泣。メディアだけでなく、ファンからもバッシングを浴びる悲劇になった。

(続く)

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー