[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ヒデキの反応を信じてはいけない」 松山、“無表情ショット”に米メディアも脚光

米男子ゴルフのフェニックスオープン(TPCスコッツデール)は1日(日本時間2日)、3連覇を目指す松山英樹(レクサス)は5バーディー、3ボギーの「69」の29位。現地を沸かせたのは、5番パー4だ。バーディーチャンスにつけるスーパーショットを炸裂させたが、ショット後の表情が変わらず。“無表情”ショットに実況も思わず笑ってしまった様子を、PGAツアー公式ツイッターが動画付きで紹介していたが、米メディアも「ヒデキのリアクションを決して信じてはいけない」と脚光を当てている。

松山英樹【写真:Getty Images】
松山英樹【写真:Getty Images】

実況爆笑の“無表情ショット”に米メディアも反応「決して信じてはいけない」

 米男子ゴルフのフェニックスオープン(TPCスコッツデール)は1日(日本時間2日)、3連覇を目指す松山英樹(レクサス)は5バーディー、3ボギーの「69」の29位。現地を沸かせたのは、5番パー4だ。バーディーチャンスにつけるスーパーショットを炸裂させたが、ショット後の表情が変わらず。“無表情”ショットに実況も思わず笑ってしまった様子を、PGAツアー公式ツイッターが動画付きで紹介していたが、米メディアも「ヒデキのリアクションを決して信じてはいけない」と脚光を当てている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 松山のポーカーフェイスはいつも注目の的だ。1アンダーで迎えた5番パー4の第2打。バーディー奪取に向け、松山はアイアンを振り抜いた。ボールはピンに向かって真っすぐ飛んでいくが、サングラスをかけた表情はピクリとも変わらず。これに反応したのが、現地の実況だった。

「彼のリアクションではショットがどうだったのか何も判断できません」とポツリ。実はミスショットか――。固唾をのんで見守った直後、ボールはピンそばに着弾。1メートルの位置につけてみせた。これには思わず、実況も「ハッハッハ」と笑いをこらえきれず、声を上げていた。

 PGAツアー公式ツイッターは、実況も思わず笑った“無表情ショット”を動画付きで公開。すると、米ゴルフ専門サイト「ゴルフ.com」も「ヒデキ・マツヤマのリアクションを決して信じてはいけない」と返信し、注目を寄せていた。それでも、ポーカーフェイスは松山の流儀。会心のガッツポーズは優勝まで取っておけばいい。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集