[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「表に自打球、裏にこんなことを…」 膝を痛めた大谷翔平の159kmピンチ脱出に米反響

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、DH制のない敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で先発。投げて5回2失点8奪三振の力投、打ってもタイムリーを含む二塁打2本を記録した。勝ち負けこそつかなかなったが、この日のハイライトとなったのは3回。表の打席で右膝付近に自打球を当てた直後、裏のマウンドで2死二、三塁のピンチを最後は99マイル(約159キロ)の速球で脱した。米ファンから「痛めた膝で」「信じられない」との声が上がっている。

ダイヤモンドバックス戦で5回2失点8奪三振と力投したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
ダイヤモンドバックス戦で5回2失点8奪三振と力投したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

3回は表の打席で自打球&タイムリー、裏の投球で二、三塁ピンチ斬り

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、DH制のない敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・投手」で先発。投げて5回2失点8奪三振の力投、打ってもタイムリーを含む二塁打2本を記録した。勝ち負けこそつかなかなったが、この日のハイライトとなったのは3回。表の打席で右膝付近に自打球を当てた直後、裏のマウンドで2死二、三塁のピンチを最後は99マイル(約159キロ)の速球で脱した。米ファンから「痛めた膝で」「信じられない」との声が上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 クールな大谷の気迫が見えた。3回の打席で右膝付近に自打球を当てた背番号17。「うあー!」と声を上げて悶絶し、ヒヤリとさせたが、その打席でタイムリー二塁打を放つ。3-0で迎えた、その裏の投球。2回まで抜群の制球を見せていたが、この回は投手相手に四球を与えるなど、一気に不安定な投球となった。しかし、2死二、三塁で3番・カブレラに対し、カウント2-2から意地を見せた。

 放たれたのは99マイルの速球。これが左打者の懐に食い込むように動いた。打ちに行ったカブレラのバットは空を切り、空振り三振。ピンチを脱し、大谷は雄叫びを上げた。直前に軸足である右足にアクシデントがあったとは思えない投球。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏は「ショウヘイ・オオタニ、不公平な99マイル(約159キロ)のカットボール」と驚きをもってツイートした。

 米ファンからは「これはフェアじゃないね」「痛めた膝で」「打てるはずない球に加え、2日前に470フィート(約143メートル)の本塁打打ってる(笑)」「ダイヤモンドバックスにとっては厳しいね」「彼の球の中で一番好き」との声が上がった。

 また、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者も「ショウヘイ・オオタニが99マイルでカットする剛球を投げピンチ回避。かなり興奮していた」とツイート。こちらにも「この回、表に自打球を膝に当て、裏ではこんなことしちゃうんだから……信じられない」と米ファンからため息が漏れていた。

 救援陣が打たれて3勝目はお預けとなったものの、痛みに耐え、投げて打って躍動した大谷。強靭な肉体と、その内側に秘めたハートが光った。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集