[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 曲がりすぎの衝撃 17歳の“CG級バナナシュート”に海外も大絶賛「異次元なカーブ」

曲がりすぎの衝撃 17歳の“CG級バナナシュート”に海外も大絶賛「異次元なカーブ」

海外サッカーの名門に所属する17歳が芸術的なカーブをかけたゴラッソを炸裂。“超絶バナナシュート”の瞬間をクラブ公式ツイッターが公開し、ファンに「CGじゃないのか!?」「メッシも二度見するだろう」と驚愕が広がっていたが、反応は海外メディアに拡大。「開いた口が塞がらないほど異次元なカーブ」「全くもって信じられない驚愕のゴール」と大絶賛している。

アーセナルの17歳新鋭が決めたゴールが話題に(画像はスクリーンショットです)
アーセナルの17歳新鋭が決めたゴールが話題に(画像はスクリーンショットです)

アーセナルU-23の神童が放った“曲がりすぎ弾”の反響が拡大「全くもって信じられない」

 海外サッカーの名門に所属する17歳が芸術的なカーブをかけたゴラッソを炸裂。“超絶バナナシュート”の瞬間をクラブ公式ツイッターが公開し、ファンに「CGじゃないのか!?」「メッシも二度見するだろう」と驚愕が広がっていたが、反応は海外メディアに拡大。「開いた口が塞がらないほど異次元なカーブ」「全くもって信じられない驚愕のゴール」と大絶賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 一撃で観る者の度肝を抜いた。仰天シュートで話題になったのは、アーセナルU-23に所属する17歳、エミル・スミス・ロウだった。

 サンダーランドU-23戦、前半24分。左サイドを攻め上がった味方からグラウンダーのパスを受けたのがエミル・スミス・ロウだった。ペナルティエリアのわずかに外、ゴール左のおよそ45度、20メートルの位置。背番号8はここからとんでもないシュートを放つ。相手の寄せが遅れているのを察知し、シュート体勢に入る。そして、右足でボールを振り抜いた。

 ゴール前中央を固めていた2人の外側へ。完全に枠の軌道から外れている。しかし――。直後に相手を巻くように急激にカーブがかかり、ファーサイドへ。GKは懸命に飛びついたが、さらに外から巻いてサイドネットを揺らしたのだ。味方が駆け寄り、祝福する一方、どうすることもできなかったDFは天を仰ぎ、呆然とした様子だった。

 仰天の“超絶バナナシュート”の瞬間をアーセナル公式ツイッターは「乾杯!エミル・スミス・ロウが我々にリードを与えた!」と題し、動画付きで紹介。メインスタンド側から撮られた画像は、シュートシーンがちょうど真後ろの角度から撮られる形となり、芸術的な軌道が一目瞭然となっている。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー