[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、あるべき“本当の姿”へ 現地紙に語った完全復活への道筋「あと数週間で…」

錦織、あるべき“本当の姿”へ 現地紙に語った完全復活への道筋「あと数週間で…」

男子テニスの世界ランク27位・錦織圭(日清食品)は下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・オブ・ダラスのシングルス1回戦で214位のデニス・ノビコフ(米国)を6-3、6-3のストレート勝ち。復帰後初勝利を飾った日本のエースは「懸命に励み続けていく」と前を向いている。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」が報じている。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

5か月ぶりの1勝で復活の第一歩「懸命に励み続けていく」

 男子テニスの世界ランク27位・錦織圭(日清食品)は下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・オブ・ダラスのシングルス1回戦で214位のデニス・ノビコフ(米国)を6-3、6-3のストレート勝ち。復帰後初勝利を飾った日本のエースは「懸命に励み続けていく」と前を向いている。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」が報じている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 ついに日本のエースが復活の1勝を掴んだ。錦織は1週間前の復帰戦で敗れたノビコフ相手に1時間5分でストレート勝ち。ATPチャレンジツアー公式ツイッターは「2018年初勝利! リベンジを果たした」と紹介し、試合後にボールガール3人に囲まれ、記念のボールにサインをねだれる“プチサイン会”の画像も投稿。世界トッププレーヤーの人気ぶりを伝えていた。

 5か月ぶりの白星に錦織も一定の手応えを掴んだようだ。記事によると「厳しい戦いになることは予測していたし、良くも悪くもあった」と振り返った錦織。「今日はそれほどプレーしたわけではないので、ネガティブに捉えるつもりはありません。懸命に励み続けていくつもりです」と話したという。

 さらに「100%痛みがないわけではないけど、あと数週間でそこまで至るつもりです」と完全復活への道筋を語ったという。記事では「錦織の様子を確認するため、大多数の報道機関やファンが、試合を見にこの街に押し寄せている」と調整による下部ツアー参戦で錦織フィーバーが起きていることも伝えている。

 逆襲の2018年へ、まずは復活の第一歩を記し、次戦は31日(日本時間2月1日)の2回戦。一歩一歩、着実に――。あるべき“本当の姿”を取り戻すため、闘っていく。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー