[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井岡一翔、WBOが2位選手との対戦指令と米報道 15連勝中の27歳元ミニマム級王者

ボクシングの主要4団体の一つであるWBOが、世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)に同級2位フランシスコ・ロドリゲスJr.(メキシコ)との対戦指令を出した。1日(日本時間2日)に米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

井岡一翔【写真:Getty Images】
井岡一翔【写真:Getty Images】

井岡一翔に対戦指令と米報道

 ボクシングの主要4団体の一つであるWBOが、世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)に同級2位フランシスコ・ロドリゲスJr.(メキシコ)との対戦指令を出した。1日(日本時間2日)に米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 同メディアは「カズト・イオカ対フランシスコ・ロドリゲスJr.、WBOから対戦指令」との見出しで記事を掲載。「世界ボクシング機構(WBO)はWBO世界スーパーフライ級王者のカズト・イオカに、トップコンテンダーで元世界王者のフランシスコ・ロドリゲスJr.との対戦指令を出した」とつづり、「両者は、入札が行われる前に30日の交渉期間を得る」としている。

 27歳のロドリゲスJr.は34勝(24KO)4敗1分けの右構え。2014年3月にWBO世界ミニマム級王座を奪取すると、同8月に高山勝成に判定勝ちでIBF王座を奪った。15年にドニ―・ニエテス(フィリピン)、モイセス・フエンテス(メキシコ)に連敗して以降は、15連勝している。

 日本人初の4階級制覇王者・井岡は、昨年大晦日に田中恒成(畑中)に8回TKO勝ち。2度目の防衛に成功していた。記事では、WBO同級1位シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)は、WBAスーパー&WBCフランチャイズ王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)や元同級王者ローマン・ゴンサレス(帝拳・ニカラグア)らとの試合の可能性があるとしている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集