[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、残り50秒の劇的3P「間違いなく大きい」 大一番で20得点躍動「一丸で戦えた」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは31日(日本時間1日)、76ersとのプレーオフ(PO)1回戦第4戦を行い、122-114で勝利した。八村塁は41分31秒の出場で20得点、13リバウンド、2アシストとダブルダブルを達成。NBAのプレーオフで、日本人としては初勝利を経験した。試合後の会見では「間違いなく大きなシュートだった」と最終盤に決めた3ポイントシュートを振り返った。

ウィザーズの八村塁【写真:AP】
ウィザーズの八村塁【写真:AP】

76ersとのプレーオフ第4戦でダブルダブル達成

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは31日(日本時間1日)、76ersとのプレーオフ(PO)1回戦第4戦を行い、122-114で勝利した。八村塁は41分31秒の出場で20得点、13リバウンド、2アシストとダブルダブルを達成。NBAのプレーオフで、日本人としては初勝利を経験した。試合後の会見では「間違いなく大きなシュートだった」と最終盤に決めた3ポイントシュートを振り返った。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 八村は第2クオーター(Q)、ラッセル・ウェストブルックのパスから2度、豪快なダンクシュートを叩き込み会場を沸かせた。第3Qにはブラッドリー・ビールのパスを受け、左手一本でダンクを決めると咆哮。第4Qでは、終盤にリードを広げる豪快なダンクを叩き込んだほか、残り50秒を切ったところで勝利を大きく手繰り寄せる3ポイントシュートを決めるなど躍動した。

 3連敗で迎えた76ersとの第4戦。負ければ今季終了となる試合だったが、ウィザーズ公式ツイッターが公開した試合後の会見映像で、八村は「3連敗していたから、失うものはなかった。試合前にイシュ(・スミス)と話したんだけど、彼は『我々に失うものはないんだ』と言っていた。アグレッシブにならなければいけないと」と語った。

 さらに「個人的には攻守でアグレッシブにプレーすることを心掛けた。チームとしては一丸となって戦えたと思う。だから勝てた」と手応えを示した。POの経験について聞かれると「観客は(いつも以上に)熱狂的になる。彼らの前でプレーする気分は良いもの」と話した。

 残り50秒を切った場面での劇的な3ポイントシュートについては「ブラッド(ビール)からの素晴らしいパスだった。彼が2、3人のディフェンダーを引き付けて自分はコーナーでフリーだった。彼は信じてパスをくれた。自信をもってシュートを打たなきゃいけなかった。間違いなく大きな3ポイントシュートだった」と振り返った。

 イースト1位の76ersに“背水の陣”で勝利した同8位のウィザーズ。シリーズを1勝3敗とし、2回戦進出に望みをつないだ。次戦は2日(日本時間3日)、ウェルズ・ファーゴ・センターで開催される。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集